大維志くんの塾代について持論

f:id:teihenjyuku:20220414092400p:plain


木下医師とジャガー横田さんの息子さんに、大維志くん、という


今、高校1年生の高校生がいるんですけど、知っている人は


当然、知っているんでしょうけど、高校受験にかかったトータルの費用が


かなり凄いと言いますか、笑ってはいけないと思いますけど、正直、笑ってしまいました


世の中には、幼稚園から大学までの受験が、ありまして


その中でも、中学受験に多額のお金をかける人が多いというのは


もはや有名ですよね、一番お金のかかる小学校6年生の1年間で


100万円以上かかったというのは、東京の一等地にある塾ならば


よくあるケースなのではないでしょうか、しかし、そんな中学受験に


多くのお金をかける方を軽く凌駕(りょうが)するぐらいの


塾代をかけたことで、ネットニュースにもなっていましたね


その、高校受験のためにかけた、3年間のトータルの費用というのが、なんと1,000万です!


正式な金額は、1,060万です、もうすごいを飛び越えて笑ってしまいますよね


これが良いのか悪いのかに関しては、お金があるならば


全然良いと思います、お金がある状態で、そのお金の使い道を


人様にとやかく言われる筋合いはないと思いますので


全然有りではないでしょうか、ただですね、べつに文句を言いたいわけではないですけど


木下医師が、これは投資だ!と言っていたところに


少し違和感を感じてしまいまして、そこの部分を


ちょっと突っ込ませてもらいますけど、これは投資ではなく、お布施ですね


大維志くん本人は、医者になるために、一生懸命勉強してるのかな?と思ったら


もう医者を目指すことは、あきらめたみたいです


本人は、起業家になりたいみたいなんですね、であるならば


その、1,060万というお金を、東京に住んでいるなら


いろんな経営者の方が、定期的にセミナーとかやってますので


そこに通わせてみるとか、オンラインサロンもやってますし


お金を払えば、マンツーマンで、ビジネスのことに関して、教えてもらえると思います


その形ならば、将来に向けた投資だと思いますし


そっちにお金をかけた方が、意識が変わって、自ら勉強するようになると思いますし


なっていたと思いますよ、高校受験のために多額のお金を塾にかけても


所詮、付け焼刃(つけやきば)(その場しのぎのために、一時的に知識などを覚えること)


ですし、これといって人としての部分で成長するわけでもないです


そして、受験に、お金をかけたからといって、将来、成功する可能性が高くなるわけでもないです


大維志くんは、今、寮生活をしてると言っていましたけど


通信制高校に切り替えて、いろんなバイトを経験してみるというのも


ありなのではないでしょうか?そっちの方が、将来、起業家になりたいのであれば


役に立つ経験だと思いますし、これだけ働いてこれだけの


お金しかもらえないのかよ…という経験も大事かと思いますけどね