勉強できない子と下がり続ける株について

f:id:teihenjyuku:20220416095219p:plain


まず初めに、株式投資のやり方は、二通りの基本パターンがありまして


それは、1、順張り 2、逆張りという形の投資方法です


1の順張りは、将来、株価が上がるであろうことを見通して


お金を投資していくというやり方です、2の逆張りの方は


下がり続ける株を安いうちに買っておいて、将来的に


上がるだろう、ということを見通して、お金を投資するという方法です


多くの人がやっている投資方法は、順張りの方ですね


逆張りの方は、基本、下がり続けている株って何かしらの原因があって


決算が良くなかったり、不安要素など、いろいろな原因があり


そういったものがあるから、下がり続けているわけなので


そこにお金を投資するという形は、かなり勇気がいることかと思います


もしかしたら投資した株が、下がり続け、売ろうにも売れない


状況に陥(おちい)ってしまう可能性もありますので、注意したいですね


そして、ここから、株式投資のやり方と勉強できない子について、いろいろと書いてみたいと思います


まず株式投資を、教育で例えるならば、多くの人は、順張りを選ぶわけですよね


教育で逆張りは、ちょっと意味がわかんないですからね…


偏差値が、下がり続けてる高校に、将来的にはあの高校は


偏差値45から65になるから我が子を、その高校に入れるとか


仮にそんな親の方が、いるのであれば、もはやモンペです


子どもが、可哀想すぎます…しかし、下がり続けている教育に


お金を投資しているという形は、説明することは、できるのではないでしょうか?


今は、AIの進化は、めまぐるしいものがあり、あらゆるものの


自動化、無人化、車も何十年後には、全てが電気自動車か


水素を燃料として走る車に、置きかえられていることかと思います


その中で、小、中、高の学校で学ぶことって基本的なものは、変わってないんですよね


英語、算数、数学、国語、理科、社会、勉強をしっかりとする子もいれば


全くしない子もいるという形も、何十年も変わっていないです


勉強する子に関しては、少し置いておきまして勉強やらない子に対して


今の日本の教育って、下がり続ける株みたいなものだったら


どうしましょうか?という部分なんですね、お金を投資するからには


将来的に利益を、得たいわけじゃないですか?そこで


損するのであれば、誰も学校教育に、お金を投資しないですよね?


でも、今の学校教育は、勉強やらない子にとって


低賃金、低収入コースだったらどうしましょうか?学校に責任を取ってもらいましょうかね


国に責任を、押し付けましょうか?おそらくそれをしたところで


何もしてくれないですよね?そうこうしているうちに


もうどうにもならなくなってしまい、そのまましかたなく


人生を歩むことになる可能性も、出てくるのかもしれないです


だからといって、学校の勉強をするな!とか意味がない!というわけではないです


今は、いろんな教育があり、昔よりもその子に合った


教育、指導方法が、あるわけなので、そういった点も視野に入れて


いろいろと考えてみることは、重要ではないでしょうか、ということを伝えたかったです