そのうち新潟高校から東大を目指す人は、いなくなるかもしれないですね?という話


新潟高校といえば、今も昔も変わらず、新潟県内では


不動のナンバー1の進学校です、新潟県内であれば


ナンバー2は、長岡高校だったりするかもしれないですけど


新潟市内ならば、ナンバー2は、新潟南高校ですね


数年後には、新潟南高校の近くに、新しい駅ができるので


新潟南高校には、通いやすくなりますけど、だからといって、新潟南高校が


偏差値で新潟高校を追い越すことは、ないと思いますけどね


そもそもの伝統が違いますし、新潟高校出身の方の中には


今現在も様々な分野で活躍されている、すごい方たちも、たくさんいますからね


この価値に関しても新潟県内では、不動の価値ではないでしょうか、そしてここから


タイトルにあることに関して、ですけど、完全にいなくなることは、ないと思いますけど


こういった理由で目指さなくなる学生は、今もいるでしょうし


過去にもいたと思います、それは、東大を目指すのであれば


国立大学医学部医学科を目指した方が、良くね?ということです


新潟高校の学生って、医者を目指しているという学生が、多いという印象が強くて


中には、お父さん、お母さんが医者だったり、実家が


医院をやっているとか、親戚、いとこに医者が多いなど


いろんな環境が、人によってはあるんでしょうし、いろんな思いがあると思います


関東にある偏差値が高い、とくに私立の中高一貫の私立学校は


難関大学に合格した奴が正義だ!みたいな部分は、正直あると思います


そもそもそういった環境だったりしますよね、けど、地方の学生って


難関大学至上主義みたいな環境なんて、あまりないですし


東大というものに対して、憧れはある人もいるでしょうけど


関東の人ほどではないかと思います、それに、今更、東大を出たところで


将来が、約束されるわけではないし、とか、将来成功できるわけでもないよね?


それよりも、東大を目指せる学力があるならば、国立大学医学部医学科を目指した方が


将来安泰じゃね?みたいな考えは、関東の人よりも、あるのではないでしょうかね?


それに、そこまで勉強したくないという学生もそれなりにいるでしょうし


自分が好きなことをやって、人生を生きていきたいという学生も


増えてきているのは、確実でしょうから、そういった理由で


これから新潟高校から東大を目指す学生は、減ってくるのではないでしょうか?という結論です


今の若い人たちが、キャリア官僚を目指さなくなっている部分に


似ているのかもしれないですね、キャリア官僚になっても


仕事は、保証されていますけど、忙しくて自由がない仕事ということも


同時に保証されていますよね、それと一緒で、べつに東大に行ったからって


ある程度の規模の会社に就職できることは、保証されている部分はあるのかもしれないけど


だからといって人生そのものが、保証されているわけではなく


結局、自分次第だよね?であるならば、べつにに東大じゃなくてもよくね?


という思いに、なるのではないでしょうか、そもそも


仕事自体に興味がないっていう学生も、増えてきているでしょうし


社会に出れば、学歴関係無しで、成果を出した人の勝ちなわけなので


そういった部分に関しても、新潟高校の学生は、自分と違って


賢いですので、当たり前にわかっているのかもしれないですね


俯瞰的(ふかんてき)にも、客観的にも、自分のことを見ることができて


将来的な自分のキャリア形成についても、ちゃんと考えている


学生は、多いのかもしれないです、という話で終わりたいと思います