教育費は、ガンガンにかけた方が、良いですよという、本当の話


どのような教育にお金をかけるのかにもよりますけど


個別指導の塾で、様々なことを教えてくれる人へのお金の使い方は


みなさんのお子さまの未来への投資だと、個人的には思います、それ以外は、わかりません


例えば、子どもの頃に塾代で100万円前後お金をかけました


となっても、今から毎月、1万〜1万5,000でもいいので、米国株を中心とした投資信託を始め


それをつみたてNISAで20年もったとすれば、十分に元を取れる可能性は、高いと思います


詳しくは、楽天 米国株 投資信託で検索してみてください


そうなれば、実質、塾代はタダということになりますね


木下医師とジャガー横田夫妻のように高校受験だけで、1,000万の教育費は


さすがに、かけすぎだと思いますけど、100万円ぐらいで


子どもの頃に様々なことを、教わることができるならば、むしろ、お得だと思います


小、中学生の時期に何を学ぶかということは、とても重要ですし


すごく重要な期間なんですよ、そして、その先の人生に、もろに直結します


勉強苦手な子は、とくに影響するかと思います、教育費にかけるお金を


しぶったがために、偏差値の低い高校に行き、そこで


3年間無気力で無駄な高校生活を、過ごすはめになる可能性もありますよ


その先もずっとアルバイト、派遣生活という可能性も普通にあると思います


といいますか、いっぱい、いますし、実際にいました、自分もそうでしたし…


実際そういった人たちを、たくさん見てきてますので


こうしていろいろと、書くことができるんですね、勝手に妄想して、書いているわけではないんですよ


そして、小、中学生時代に教育費に、お金をかけなかったせいで


勉強も全然やらなく、やる気もなく、仮に大学に行きました


となっても、あまり良い大学ではないですよね、私立大学が、学校というくくりの中では


一番お金がかかるわけですし、そもそもそこで無気力だったらどうしましょうか?


その先は、ニート生活だとか、アルバイト、派遣


仕事も続かずに、転々とするとか、全然普通にありえますよ


であるならば、小、中と一番重要な時期に、教育費を


ガンガンとかけた方が、良いのではないでしょうか、という提案です


そしてもう一度書きますけど、100万円前後くらいの教育費であれば


信託報酬が安い、米国株への投資信託で何十年後かに十分、元は、とれると思います


中学生までに自ら何が必要で、何を学ぶべきなのかを


自分自身で考えられるようになり、行動に移せるのであれば


後は見守る、応援するという形で良いわけですし


いちいち口うるさく言うこともなく、楽ですし不安もなく、安心できるかと思います


高校生になっても勉強も全くしない、だらけてばかりいる


という生活が、体にしみついたらどうしましょうか?


その生活って、癖になり、なかなか自ら抜け出すのは、容易ではないですよ


ですので、そうなる前に小、中学生時代に教育費を


しっかりとかけて、教育しましょう、という、とても大事な話です


後悔したとしても高校生になってしまえば、もう二度と


小、中学生には、戻れないですからね、べつに不安をあおっているわけではなく


みなさまの大事なお子さまには、自分や今まで見てきた


一言で言うならば、ヤバい奴らのようになってほしくないので


こうやっていろいろと書かせてもらっているわけです


なので、本当に真剣に考えてください、という話で終わりたいと思います