年功序列廃止にする会社、多くなってきたってさぁ、という嬉しい?悲しいお知らせ


今までの日本の民間企業のあり方、自体が
特殊だっただけで


本来の形に戻り、新たな出発をするだけかと思います


そもそも今までの年功序列&終身雇用制度とか、ただのボーナスタイムでしかないですし


これからも、今までの仕組みを継続していくなんて、どだい無理な話かと思います


有能な若手社員が、入ってきたとしても、何の能力もない


おっさん上司に気に入られなければ、有能だとか


そんなものは、一切関係ないですからね、最初はやる気があっても


徐々に会社の色に染まっていき、何もしない、何もできない


無能社員へと変貌(へんぼう)を遂(と)げる、または、遂げた人たちは


数多くいることかと思います、そして、日本の企業の多くは


海外の企業に惨敗を喫(きっ)しているという悲しく、悲惨な状態です


日本の電機メーカーが、一番わかりやすいのかもしれないです、その中でも東芝でしょうか?


昔の東芝に正社員として入れたのであれば、勝ち組だ!エリートだ!


みたいなことを言う人は、それなりに、いたと思います


親も喜んだでしょうし、いろんな人に自慢した人も、実際にいたのかと思います


けど、今は東芝に正社員で入ったとして、言われることは


大丈夫なの、あの会社?リストラされないの?会社は、潰れないの?


と、いろんな人たちに、いろんなことを、言われると思いますし


実際に、東芝に正社員で入った人たちは、言われたかと思います


その中で、自分の力でお金を稼げる人たちにとっては


とても喜ばしい社会になってきてますし、生きやすい人生になっていくと思います


しかし、かたや組織の中でしか生きられない人たちにとっては


とても生きづらいですよね、自分でお金を稼ぐとなっても


それなりのセンスだとか、地道な努力だけでは埋めることのできない


溝というものは、多かれ少なかれ、あるのかと思います


文章にしても、いろんな方のブログなどを、拝見したりしていると


やっぱりいろんな発想、思考の人がいるわけですし


すごくセンスがあるな!凄いな!と思う人もいれば


何十年たってもこんな感じなのかな?と思う人も実際にいます


その中で、各々(おのおの)の役割というものが、あり社会に出れば


様々な困難や苦難は、あると思いますけど、最終的には


自分のことは、自分の力でどうにかし、頑張り続けるしかないですよね、という話です