何も知らない指導者vs何も知らない子どもの組み合わせは、マジヤバいです、という話


様々な分野で活躍する指導者の方は、多くいるわけですけど


その中でも、いろんな経験をして様々なことを知っていて


子どもたちに対して、適切かつ的確な指導ができる人も、中にはいることかと思います


かたや真逆といいますか、びっくりするぐらい何も知らない人も、現にいるわけですよ


様々なことを学ぼうともせず、自己研鑽もしないで


決められたこと以外は、一切しない、みたいな人は実際にいます


将来有望で、あらゆる可能性を秘めている子どもたちが


そういった指導者に指導を受けるって、ヤバいですよね、という全くもって笑えない話なんです


まず、その指導者から何も学べないって地獄です、時間の無駄です


これからの時代は、何も学ばない=地獄コース確定ですからね


そして、何も学ばないまま社会に出る=基本、肉体労働コースになってしまいます


そこから抜け出そうと思っても、何をしたらいいのか、わからないですので


結局、抜け出せない人の方が、圧倒的に多いわけですよ


そして、そうこうしているうちに30歳になって35歳になり


40歳を過ぎれば、いろんなことを、あきらめ出す人たちも


さすがに、この辺りの年齢になると、出てくることかと思います


まだ、子どもの頃ならば、いろんな人たちが、サポートしてくれて


いろいろと教えてあげるということも、できますけど


社会人になってしまうと、もう社会人なんだから、自分で学ぶのが当たり前でしょ!


子どもじゃないんだから…となってしまうわけですよ


今は、何も知らなくても、勉強を自分で、できる習慣が身についている


子どもたちならば、自ら学んでいけるので、そんなに、やっきになって


大人たちが、アドバイスだとか過度のサポートをする必要はないかと思いますけど


勉強しない子どもたちなんて、本当にびっくりするぐらい


何も知らないですし、これからも何かを学ぶという姿勢や意識、方向性になるなんて


周りの大人たちが、いろいろとアドバイスをしてあげないのに


そのような形になるなんて、まずないです、ありえないです


自分のクソガキキッズ大冒険時代も、絶対に勉強なんてしない連合に入り


そこで、パシリをやっていたので、よくわかります


最後に、みなさんのお子さんが、勉強なんて絶対にやらない


キッズプロジェクトに参加する前に、しっかりと


手を打っておかないと、本当に取り返しのつかないことになってしまいますので


気をつけてください、いう警告で終わりたいと思います