勉強苦手な子の塾選びについて Part1


世の中には、いろんな形態の塾があるわけですけど


集団塾、個別指導塾、その中でも、タイマン形式の1対1


1対2、3、4、自立型指導塾など、多くの塾が、差別化をはかり


生き残ろうとしている感満載で、お届けしていることかと思います


その中で、勉強が苦手、嫌い、やらない、うちの子は、どのタイプの塾が良いのか?


と、実際に悩んでいる保護者さまの方が、いらっしゃると思いますので


中学時代の数学のテスト8点、国語の通知表で、ばあちゃん教師に1をつけられた経験有り


そして、中学時代の最高得点、中1の中間テスト英語の78点(小6のとき英語を習いに塾に行ってこの点数)


の自分が、勉強が苦手な子が、このスタイルの塾に通っても


意味ないですよ、という決めつけをさせていただきたいと思います


まず、勉強できない子って、なぜできないのか?と言いますと


勉強というものに全く関心がない、やる気もない、というのは


確かにそうなんですけど、そもそも勉強をしたところで


何がどうなるのか、という具体的なものが、全く見えていないわけですよ


みなさまの、勉強ができないお子さまでも、好きなこと


興味があることに関しては、しっかりとやりますよね?


野球が好きなら野球、サッカーが好きならば、サッカー


ゲームが好きなら、ずっとゲームばっかりやっているかと思います


でも、この形って、好きだからやっているわけなので


具体的な目標や目的があって、やっているのではないわけです


であるならば、勉強は本来は楽しいよ♪勉強をやってるうちに


好きになるよ♪というデスワード(死語)を炸裂させ、ますます


やる気を、トウモロコシの皮のように、はいでいく方も


いると思いますけど、そのやり方は違うんですね


前述したように、具体的に勉強をすることによって


こうなるという具体的なものが、見えているならば、勉強嫌い、やらない子たちは


そこを、目標や目的として、勉強をしっかりとやるというだけの話なんです


ダイエットでも、続けることができる人は、数ヶ月で


何十キロ、痩せたいとか、美ボディを手に入れたい、健康でいたい


などの、具体的な目標や目的があるから続くのかと思います


それがないのに、漠然(ばくぜん)と楽をして痩せたい!みたいな考えだったら


結局、続かなくて、多くの人は、やめてしまいますよね


勉強できない子ってこれと一緒で、具体的な目標や目的もないのに、やらないって話なんです


Part2では、勉強苦手な子に適した塾選び、そして、どういったところに


気をつけなければ、いけないのか?などについて、書いてみたいと思います