今の若者たちが、いずれ小、中学生の上司や先輩になるって話


べつに今の若者を、ディスるつもりは、毛頭(もうとう)ないんですけど


今も昔も、しょうもない若者が、存在している、または


していたことは事実ですし、自分も、そのしょうもない若者のうちの一人でした…


そして、今の若者と昔の若者は、何が違うのか?と言われますと


いくつかありますけど、自分で何かをするという部分が


だいぶ違うのかな?と思ったりもします、昔の若者はとにかく


お金を稼いで、良い車を買うとか、いろんなものに


無駄にお金をかけるという人は、多かった気がします


けど、今の若者は車に関しては、車なんて乗れれば、なんでも良くね?金かかっしぃ!と


それに、いろんなものに無駄にお金をかけたりもしないですよね


ブランド品にもあまり興味を示さず、その物に、ばえる部分がなければ


一切、興味を示さない若者も一定数いるのかもしれないです


他にも人に何かをしてもらうということが、当たり前になっているといいますか


自ら進んで何かをする、または、したがるという人も


減ってきている気もしますかね、物よりも空間だとか、場所を楽しむという感じでしょうか


そうなってくると今の小、中学生が、仕事をし始めたときに


どうなるんだろうな?と考えたりもします、多くの人が、仕事を辞める理由で多いのは


人間関係の悩み、こじれですよね、何十年たとうが


常にトップ3に殿堂入りしているぐらい、仕事をする上では、もはや、つきものかと思います


組織の中に入って仕事をするとなった場合、どうしても


コミュニケーション力という力は、無視はできないわけですよ


学生の頃もそうですけど、社会人になっても、そういった力を鍛えてくれる


上司や先輩がいなかったら、これもどうなるんだろうな?


という疑問も、足りない自分の頭の中に浮かんできます


お客さまに対しても、コミュニケーション力が、著(いちじる)しく欠如(けつじょ)しているという状態は


マズいわけですし、そういった部分を含めて考えた場合


これからの若者って、就職したとなってもすぐに辞めたり


職を転々とする人たちは、増えてくるのではないでしょうかね?


エンタメ系ユーチューバーの影響も、完全に受けないということは、ないでしょうし


年収何千万、何億というYouTuberの方を、子どもの頃から見てきているわけですので


こんだけ働いて、これだけの金しかもらえないのかよ!


やってらんねー!バカバカしい!とやっぱりなってしまいますよね…


そうなった人たちが、向かう方向ってネットで、誰でも簡単に稼げますよ!


という悪質なコンテンツに、どうしても向かってしまう可能性は高いのかと思います


とくに、勉強が苦手な子ほど、その傾向が、強いのは確実なわけですよ


自分も昔はよく、だまされましたので、よくわかります…


最後に自分がとくに勉強苦手、嫌い、やらないお子さまが、いらっしゃる


親のみなさまに伝えたいことは、今現在できる限りの教育をし


将来できるだけ、悪い方向に進まないような教育、指導を


しっかりとしましょう、ということです、これも何回も書いていますし


これからも書き続けますけど、もう二度と後戻りは


できないわけですので、しっかりと考えましょう、ということです