土台をしっかりとつくらないと、何もうまくはいかないですよ、という話


何をするにも土台になる部分って、すごく重要でして


例えば、車を運転するにしても凸凹(でこぼこ)で


舗装(ほそう)されていないような、砂利道を普通に運転することは、できないですよね


学校の勉強でも、基礎が全く出来ていないのに、中間、期末テストでは


常に合計450点以上取れていたならば、おそらくその人は、タイムトラベラーかと思います


そして、そこら辺の寝っ転がっている、おっさんが、ガリガリ君ソーダ味を食べようと思い


日曜日の夕方16:25分ぐらいに、業務用スーパーで


箱入りガリガリ君ソーダ味を、2箱買ってきて、冷凍庫に入れておいても


その冷凍庫が壊れていたら、ガリガリ君ソーダ味が


ガリガリ君ソーダ味ジュースになってしまうわけですよ


学校の勉強、仕事、お金を得ること、人生あらゆること


全てにおいて、土台がしっかりとしていないのに


うまくはいかないですし、大した成果も出ないまま


中途半端で終わるのか?中途半端だけど続けるのか?


うまくいかないから、半ば強制的に退場するはめになってしまうのか?


それは、その人によると思いますけど、YouTubeでも


1年以内に100万人の登録者数を目指すぞ!と意気揚々(いきようよう)と誇り高い


目標を掲(かか)げるのは、とてもすばらしいことだと思います


けど、それは、土台となる部分が、しっかりとしていて


専門的な分野で、ライバルなんていなくて、差別化をはかり


優位性も十分取れていて、その中で徹底的に攻め込めば


先行者利益を独り占めできるかもしれない?というのであれば


むしろリスクをとってでも、やってみた方が良いですよね


けど、具体的に何をするのか決めてません…そもそも


何をすれば、いいのかすらもよくわかりません…となった場合のチャレンジは


うまくいきようがないわけですよ、何をしたらいいのか、わからなくて


飯ばっかり食っていたりとか、商品の説明をやったりするわけですけど


そもそも、有名人じゃない人が、ご飯を食べている姿なんて


誰も一ミリも見たくないですし、商品の説明コンテンツなんて


一番見たくないといいますか、見飽きましたよね…


基本、うまくいくことを、やっていれば、うまくいきますし


うまくいかないことを、やっていれば、うまくいかない、というだけの話なんですよ


ビジネスって複雑そうに見えて、意外にシンプルかと思います


こういったことも、とくに勉強が苦手、嫌い、憎い勉強道具一式を


業務用スーパーの冷凍庫の一番下に見つからない用に隠しておきたい


という、お子さまが、いらっしゃる保護者さまの方は


こういったことも、しっかりと教えた方が、良いのではないでしょうか、という話でした