勉強苦手な子は、自分で理解していないことが、わかっていない?どういうこと?という話


あるサイトの書き込みを見ていたときに、タイトルにある


勉強苦手な子は、自分で理解していないことが、わかっていないんだよ!


という文言(もんごん)が、書いてあったので、しばらく考えてみたんですけど


さっぱり意味が、わからないんですね…自分は、この言葉が


一生、腑(ふ)に落ちることはないですし、一生、自分が使うことはないですね


勉強苦手な子は、基礎が理解できていない、とか


どういった勉強をすれば、成績上がるのかが、わかっていない


など、でしたら腑に落ちますし、その通りかと思います


勉強苦手な子は、自分で理解していないことが、わかっていない


の、わかっていないの部分は、蛇足ですね、では、ここで


この部分を、勉強苦手な子は、◯◯の部分を理解していない


という言葉に置き換えて考えてみますと、まず、なぜ理解できないのか?


頭が良い悪いは、高校数学の応用問題でしたら確かに


その差は目に見えて数字でも、はっきりと出てくるのかもしれないですけど


小、中の基礎レベルの内容で、頭が良いか悪いなんて


一切関係ないですね、では、なぜ理解できないのか?と言いますと


それは、理解をしようという意識や姿勢になっていないからですよね


そもそも勉強というものが、めんどくさいですし、つまんないですし


嫌い、うっとうしい、など、とにかくやりたくないんですよ


では、この状態で理解しようという意識や気持ちに、切り替わりますか?ということです


いやいや理解しようとしたり、勉強する気もないのに


理解しようとする姿勢だけは、見せて、その場ではやるかもしれないですけど


家でなんて絶対にやらないですし、定期的に見直すだとか


本当に理解しているのか?覚えているのか?という確認などは、まずしないです


とにかく、めんどくさいですし、つまんないですし、やりたくないわけですからね


では、この解決方法は、何があるのか?と言いますと


理解できるようになるまで、そして、最低でも受験の日までに


その理解したことが、覚えていられれば、いいわけですよ


では、そういった状態になるためには、どうすればいいのか?


という一番初めの部分は、結局、親を含めた、指導者次第としか


言いようがないですね、他に答えは、ないかと思います


もしかしたら、勉強の神が転生してきて、人が入れ替わったみいに


急に勉強し出す、ということも、あるのかもしれないですけど


例えば、学問の神様、菅原道真(すがわらのみちざね)が転生してきて


転スガみたいになる可能性も、あるかもしれません、でも


そんなものを期待していたら、あっという間に学生時代が、終わってしまいます


なので、勉強嫌い、苦手、勉強なんてするぐらいなら


お小遣いなんてずっと半額セールでいいわ!ぐらいの気持ちだと


その先の人生は、とても危ないですので、しっかりと教育をしましょう、という話ですね