勉強をやらない子たちは、将来収入の低さに悩み苦しみますよ、という本当の話


タイトルにあることは、単純に勉強をやらないと


勉強できる子たちよりも、選べる仕事、職業の選択肢が


少なくなってしまうので、結局、誰でもできるような


仕事に、ある程度、限定されてしまうわけですね


であるならば、必死に勉強し難関大学を目指す、というコースがあっても


確かにそれは、間違いではないでしょうし、否定はしません


しかし、仮に、難関大学に合格できた、からといっても、給料の高い職業に


就けるのかは、わからないですし、就けたとしても


1年目、2年目、3年目ぐらいで、年収700万、800万


もしくは、それ以上もらえる人なんて、ほとんどいないわけですよ


これからの時代は、転職というのは、当たり前みたいな


時代になってくるかもしれない中、勉強苦手な子たちが


難関大学を目指すのは、非現実的ではないかと、個人的には思います


であるならば、どうすれば良いのか?収入がすごく低くても


所詮、自分の人生なんてこんなもんだよね…と、わり切るのか


それとも、自分にしかない価値、強みを手に入れて


年収1千万を目指すぞ!となった場合、どちらが良いかと言われたら


当然、後者の方が良いわけですよね、前者の方は、誰でもそうなることは、可能ですし


できるわけなので、様々なチャレンジをし、どうしても、うまくいかないのであれば


素直に受け入れるということも、しかたないのかもしれないです


けど、ようは、ニッチな分野でもいいので、うまくいった


成果が出たことが、誰がやったとしても、再現でき


あとは、固定費が、かからない、ちっちゃいものを


たくさん作っていけば、それはつまり、お金持ちになれるコースなんですよ


コンビニが、わかりやすいのかもしれないですけど


例えば、セブンイレブンは、全国にない店舗は、ないですよね


そして、セブンイレブンが、店舗ごとに違ったことをやっていて


違ったメニューを、店で出しているのか?となった場合、それはないわけですよ


全部一緒じゃないですか、つまり再現できているということですよね


店舗ごとの利益は、わかりませんけど、セブンイレブンの本部が


お金を儲けているのか?儲けていないのか?と考えた場合


想像に難(かた)くないわけです、本部は、東証プライムに上場していますので


どのくらいの売上や利益が出ているのかは、調べればすぐにわかります


まとめますと、勉強苦手、嫌い、やらない、やりたくない子たちが


将来お金持ちになるためには、自分にしかない価値、独自の強みを手に入れなければ


お金持ちには、なれないですし、逆にそれがなければ


勉強できる子たちよりも、選べる選択肢が減ってしまうので


収入の低さに悩み苦しむ、という可能性も出てきますので


そうならないように、早めに対策の方をした方が良いのではないでしょうか、という話でした