今の子どもたちは、20年後も30年後も使えるスキルを身につけないと、マジでヤバい、という話


自分の子どもの頃の20年後、30年後と今の子どもたちの


20年後、30年後というのは、まるで違う世界かと思います


車は、自分の子どもの頃は、30年後ぐらいに電気自動車が走っているのかな?


みたいな、バックトゥザフューチャーのような感じになっているのかな?


という、妄想でしかなかったかと思います、しかし、今の子どもたちの


20年後、30年後なんて確実に、電気自動車だらけですし


店も無人化していたり、お金も現金で払う人なんて


ほぼ、いなくなっているのではないでしょうか?仮想空間の中で、もう一人の自分が


何かしらの役割を果たしていたり、仮想空間の中で


仕事をしたり、買い物をしたりというのも、普通になっているのかと思います


商談だったり、観光などに関しても、例えば、海外のあらゆる場所に行くには


お金もかかりますし、なかなか行けないわけですけど


仮想空間の中ならば、普通に行った気分が、味わえてしまうわけです


塾などに関しても、仮想空間の中で使用できるサービスなどは


100%確実に出てくるかと思いますね、そうなってくると


今の子どもたちは、将来的に長く使えるスキルを身につけなければ


いけないわけですよ、逆にそれをしなければ、大変ですし、ヤバいですよね、という話です


では、それは何があるのか?と言いますと、尖ったもの、変わったもの


他にはないものという部分に、集約されるのかと思います


どこでも手に入れられるものって、もはや、これだけネットが普及し


よりいっそう加速をしていくわけですので、なんでもいいですし


陳腐化(ちんぷか)、衰退という傾向になっていくのかと思います


他では、手に入れることが、できないものなどに関しては


より高い付加価値が付きますので、十分、生き残れるのかと思います


その他の部分に関しては、大資本様が、根こそぎ持っていくと思いますので


真ん中があく、真ん中の部分だけ、先細りすると言う形になるのかもしれないですね


学校などに関しても、上の偏差値の学校と専門的なことが学べる学校以外は


もしかしたら、成り立たなくなってるのかもしれないです


その中で、とくに勉強苦手、嫌い、やらない、やりたくない子どもたちは


将来、陳腐化しないスキル、応用できるスキルなどを


早めに見つけて、そこに特化する、集中するというぐらいのことをしなければ


タイトルに、ある通りのことになってしまいかねませんので、注意しましょう、という話です
した