勉強苦手な人と100万円の話


例えば、100万円があったとします、勉強できる人って


その100万円を使って、どうやってお金を増やそうか?と考える人も、いるのかと思います


それは、投資なのか、個人でビジネスをする場合でも


100万円を、自己資金として、ビジネスを考え、日本政策金融金庫に


お金を借りに行くという、人もいたり、いろいろな


考えが、あるのかと思います、かたや、勉強苦手な人は


どう考えるのか?といいますと、まずお金の使い方を考えるんですよ


あれを買おうかな?これを買おうかな?みたいに


お金を増やすにしても、ギャンブルだったり、パチンコ、パチスロ


宝くじを、100万円分買ったら、もしかしたら1億円


当たるかもしれない!みたいな思考になるんですね


あの時、あれを買ってたら儲かってたのに…クソ!みたいな話ってすごい好きなんですよ


例えば、今は昔の国産のスポーツカーとか希少価値がつきまくって


えらい価格が、高騰しているんですね、しかも、20年経った車って


関税がなくなるので、今までその関税のせいで高くて買えなかった車が


海外の人たちに、人気なので、程度が悪すぎる走行距離が、20万キロ以上走ってる車でも


ビックリするぐらいの値段が、ついているんですよ


そうなってくると例えば、R32GTRを買ってずっと車庫保管しとけば良かった!


そうすれば、今頃…みたいな話は、もはや鉄板なんです


株も一緒で、あの時、買っとけば良かった…あの時、売れば良かった…


あの時、逆に売らなきゃ良かった…みたいな人は結局、何をするにも損してしまうんですよ


けど、頭の良い人たちは、株ならその株が上がるだいぶ前に仕込んでおくんですね


そして、目標値まで上がってきたのであれば、全てなのか半分なのか


それは、わかりませんけど、売ることによって利益を確定させるというやり方です


つまり、何が言いたいかといいますと、頭の使い方が大事ってことです


ただ知識を吸収するだけではなく、その吸収した知識を


どのようにして使っていくのか、そして、応用を効かせるのかという部分が


これからの時代は、ますます重要になってきますので


とくに、勉強苦手、嫌い、やらない、やりたくない


という、小、中学生のみなさんは、学校の勉強だけではなく


その他の勉強もしっかりとし、そこで得た知識を


応用の効く形に持っていくことができなければ、お金があっても


使うことしか考えない人間になってしまう可能性もあるので、注意しましょう、という話です