勉強苦手な人の思考って一緒ですね…という話


結論から先に書きますと、何年、何十年たとうが


考えてることって一緒ですね、という結論なんですけど


例えば、そのうち勉強苦手な人、あるあるを書いて


ブログに上げようと思っていますけど、そのうちの一つに


勉強苦手な人、漢字あるある、というものがありまして


勉強できた人たちからしてみれば、意味がわからないかもしれませんけど


テストの時、傍線部(ぼうせんぶ)のひらがなを、漢字に直さなければいけない時に


わからない漢字だった場合、いろんなところから探す、あるあるというものがあるんですね


それは、文章の中のどこかに書いてないかな?とか


教室のどっかに書いてないかな?よく教室の後ろの方に


習字で書いた紙を貼っていたりしますけど、それを


サッと見て書いてないかを、確認したり、あとは


同級生の中で同じ漢字の人は、いないかな?と考えたりするんですね


そういったことを考えるのは、自分の上の人たちもそうですし


今の勉強苦手な小学生、中学生、高校生もおそらく


一緒かと思います、思考が似ている人もいれば、全く同じ人もいるんでしょうね


勉強苦手、できない人って、複雑に物事を考えたり


多角的、多面的にも、物事を考えたりできないので


思考パターンが、似てくるのかも、しれないですね


当然、早いうちにできれば、小学生の頃に学んで


少しずつ、いろいろな考えができるようになれば、良いんですけど


ではそれを、誰が気づかせてくれるの?という問題が出てくるわけです


その気づきを与えるのは、親の役割なんでしょうけど


それが、適正かつ的確にできる人もいれば、なかなか


うまくできない人も、いるのかと思います、となってくると


外部の人以外、選択肢がなくなってしまうわけなんです


それは、お金がかかるから、嫌だと言う人も多くいらっしゃることかと思いますけど


勉強苦手な子が、急に気づきを得て、自ら学び出すようになるなんて


100億%まずないですので、早めの対策は必要かと思います


そうでなければ、だまされやすいコース、こんな程度じゃ


犯罪にはならないし、捕まらないでしょう!という安易に考えるコース


そして、とても多い、パチンコ、パチスロなどのギャンブルコース


それに自分なんて一生、派遣でいいや!バイトでいいわ!


生活できるくらいのお金があればいいわ!コースになってしまう可能性も


勉強できる人たちに比べたら、とても高いですので


気をつけてください、という話で終わりたいと思います