BTSと勉強嫌いな子をつなげてみた Part1


最近、活動休止をすることで、日本だけではなく


世界でも話題になっている、衝撃的なニュースになるかと思います


世界であそこまで認められ、活躍し続けられるということは


才能だけではなく、見えないところでも絶え間ない


尋常(じんじょう)じゃないぐらいの、努力の賜物(たまもの)なのかと思います


けど、それに比例していかないのが、心の部分なんでしょうかね


自分に価値があり、認めてもらえているのか?それとも


BTSというグループに価値があることで、認めてもらい


支持されているのか?あまりにもBTSという名前が


大きくなりすぎてしまい、過度のプレッシャーだったり


ストレス、過度の期待感、絶対に期待にこたえなければいけない


裏切るわけにはいかない、失望させるわけにはいかない


など、あらゆるものが、ごっちゃ混ぜになり、それが重荷になってしまい


それに、自分たちのやりたいこともやれなくて、ずっと期待に


こたえ続けていかなければ、いけないという、特大のプレッシャーに


耐えきれず、もう無理…休ませてくれ…心が壊れる…となってしまったのかもしれないですね


それは主に、トップ層で活躍している人たちに、共通しているのかもしれないですけど


例えば、大谷翔平選手、不破聖衣来さん、芸能界で主に


主演級の俳優の方に、多いのかもしれないですけど


ドラマであれば、視聴率が悪ければ、内容だとか構成だとか関係なしに


主演の方のせいにされるわけですよね、最近でもテレビ朝日でやっていた


木村拓哉さん主演のドラマが、低視聴率だったことから


散々叩かれていたことかと思います、その中で日々、活動し活躍し続けていくのは


容易ではないですし、一歩間違えば、メンタルブレイクを起こしてしまい


うつ状態になってしまって、普段では絶対にしないような行動をおこし


帰らぬ人になってしまうということは、あらゆる分野で活躍している


トップ層の方たちだけではなく、普通に働いてる人たちや


学生たちにも、起こり得ることだと思いますので、気をつけなければいけないと思います


とくに各都道府県でもトップの進学校、東大以外は許さないし、認めない!!


という家庭環境の学生が、仮にいるのであれば、危ないですし


今年、名古屋市在住の高校生が、東大前で切りつけるという


おぞましい事件がありましたよね?そうなってからでは、遅いですし


なかなか歪んだ人格というものは、元通りにはならないので、大変かと思います


そして、だいぶ前置きが長くなってしまいましたけど


メンタルブレイクとは程遠い、勉強嫌いだからやらない!


勉強やりたくないからやらない!勉強なんてつまらないからやらない!


という親を、メンタルブレイク寸前にまで追い込んでいる


KSG(クソガキ)のみなさんについて、元KSGが、いろいろとPart2で書いてみたいと思います