勉強嫌いな子の中にやる気なんて、そもそもないですよ、という悲しいお知らせ


世の中には、勉強嫌いな子のやる気を引き出します!


ちょっとしたキッカケで、やる気が出て勉強するようになります!


勉強ができなくて、やる気を失ってるだけです!


など、まだまだありますけど、小、中、高、社会人と勉強できなかった自分と


いろんな勉強できない人たちを、地球上に存在する微生物ぐらい見てきましたけど


そもそも、学校の勉強に対してやる気なんて、ないって話です


元々ないものを引き出すとか、意味がわからないですよね


例えば、母ちゃん俺、私のユニクロのエアリズムどこしまったん!


どこの引き出しにも入ってないんだけど…勝手にクリーニング出さないでくれない!


と言った時にお母さんが、あんたこの前ユニクロ行こうと思ったけど


腹減ったから、みかづきのイタリアン食べたら行くのめんどくさくなって


ユニクロ行かなかったって言ったでしょ!


俺、私「・・・・・」


新潟三大名物

1、バスセンターのカレー

2、イタリアン

3、笹団子

(諸説有り)



と、お母さんに言われた場合、そもそも引き出しの中に


ユニクロのエアリズムは、ないわけですよね、ないのであれば


引き出せないわけです、勉強嫌いな子のやる気も同じで、引き出せないんですよ、ないので…


付け加えることはできると思いますけど、それは、親を含めた指導者次第しかないですね


仕組みだとかそんなもので、勉強嫌いな子たちがしっかりと勉強しているのであれば


とっくに成果が出て勉強嫌いで、やらない子なんて一人として存在してないわけですよね?


やる気を付け加えることは出来ますし、決められた期間内だけ


勉強をやらなければいけないのであれば、やると思います


それは、強烈な原動力となるものプラス何が何でもそこまで辿り着いてやるという


強い意志と目標としているゴールがあるのであればやります


けど、繰り返しになりますけど、親を含めた指導者次第です、これが答えですね


胡散臭い表面的な感情論とか根性論では、動かないですし


勉強嫌いな子たちは、そういったものを感じ取る力は強いので


すぐにバレますし、あまり効果はないかと思います


勉強できないことに関して、いろいろと嫌な思い出とか、ある子は多いと思いますので


敏感だったりするんですよ、なので今までの勉強の概念をひっくり返すぐらいの


劇的なことをしなければ、勉強苦手な子たちが、自ら進んで


勉強を継続してやるようにはならないと思います、という話でした