勉強嫌いな子の口癖について


例えば、テストの点数が低かった時にその点数のことを


聞く人の、言い方にもよると思いますけど、多くの勉強苦手、できない子たちは


こう言った言葉を発することが、多いのではないでしょうか?それは


1、だってわかんねーし


2、だってわかんないし


3、だってわかんないもん


4、だってわかんないんだもん


という言葉を聞いたことある方たちは、それなりにいるのではないでしょうか?


勉強苦手な子って思考も似てますし、知識だとか語彙(ごい)が限られているので
 

発する言葉も似てくるのかと思います、ちなみに自分がいた


偏差値30台のギリギリ進学校の中にも、毎日のように


この言葉が飛び交っていて、ノイローゼになってしまいました


しかもちょっとふてくされた感じで、だってわかんねえし!


だってわかんないもん!という人は、多かったかもしれないですね


そして、この状態から自ら進んで勉強するようになるには


結構な年月を要するかと思いますので、素直に学校の勉強をさせるよりも


他の事に興味を持たせた方が、良いのではないかと思います


この状態で逆転合格を夢見て、多額のお金を塾につぎ込んだとしても


ほぼ100%お金をかけた割には…コースになってしまうかと思います


早めに他の事を学ばせて、そこの役割を担えるようになり


成果を出せる人間へと成長しないと、派遣、アルバイト、ニートだらだらコースに


なってしまうかもしれないですので、注意してくださいね


本当にそんな人たちを、いっぱい見てきましたので…


仕事なんて嫌になったらすぐに辞めればいいや!という人たちは、たくさんいますし


入ってから数日、数週間で飛んでしまう人たち(何の連絡もせずに辞める人)も


結構いますので、本当に気をつけないと、そういう考えや状態のまま


30代に突入し40代、気づいたらアラフィフという人たちは


今もいますし、これからは増える可能性は、十分考えられるかと思います


正直、学校の勉強を子どもの頃からしてくるよりも、学校の勉強以外の他の勉強


社会に出てから活かせる力を身につける勉強をした方が


将来ずっと派遣、アルバイト、ニートコースは回避できるのではないかと思います


学校の勉強を一生懸命頑張ってきたって、入った会社をすぐに辞める人たちなんて


いっぱいいるじゃないですか?ということは学校の勉強で忍耐力、耐える力なんて


つかないんじゃないんですかね?このテーマに関してはいずれ


ブログに書いてみたいと思いますけど、これから社会に出てから


役に立つ力、通用する力などは、変わってくると思いますので


そこの見極めは、とても重要ではないかと思います


ですので、早めに学びの型を変え、意識や思考を社会に出てから


成果が出せる形へと変化させることは、勉強嫌い、やらない


やりたくない子たちに関しては、必須かと思います、という話でした