一生懸命勉強して医者や弁護士になったら幸せなのか?という疑問


一生懸命勉強して、医者や弁護士になったら幸せでしょう!という考え価値観って


令和生まれの現代の子どもたちが、そこに価値を感じるのか?目指すのか?


仮に目指すとなっても、そのルートって周りの大人たちに敷かれたルートですよね


今の子どもたちに将来どんな職業に就きたい?と聞いたら


多くの子どもたちが、面白いことをやってお金を稼ぎたい!


とか、もはや面白いこと、楽しいことを仕事にするという思考が


玉結びのように固くなってほどけないのではないでしょうか


そうなってくると、どんな教育をすれば良いんだ…


と思い悩む人も続出しているのかもしれませんね


一つ言えることは、昔の指導方法といいますか完全詰め込み教育というものは


もはや無理があるといいますか、それもありつつ


柔軟に様々なことを学べる教育なら良いかもしれないですけど


長時間椅子に座り、教科書や参考書、問題集をひたすら詰め込み


させるという教育はもう、時代に合わないかと思います


AIやロボットの進化、無人化、自動化、仮想空間など


これらの進化が止まらないわけですし、止めることもできないです


その中で、子どもの頃から長時間椅子に座り、にらめっこというのは


今の子どもたちが、社会に出たときには、昔は必要なかった


いくつかの力が、求められるようになるわけですよ


その代表的なものが発信力ですよね、これを子どもの頃からやってきた人は


本当に強いですし、将来何かあったときのリスクヘッジ(危険回避)にもなるんですよ


しかも、ほぼお金をかけないで、自分の付加価値を上げられる


コスパ最強の力です、伝える力、わかりやすく伝わるように工夫できる力


なんにでも力をつければ、良いというものではないですけど


これからの時代は、発信力がない人は、仕事はないよ、もらえないよ


という時代に変化していく可能性も、ありえるのかと思います


医者や弁護士だって独立し、開業しましたので、ぜひ来てください!


と言ったところで、はい!わかりました!という時代では、なくなっていくかと思います


まずその人の発信内容を見て、何をしている人なのか?


何ができるのか?どういった考えがあるのか?などを普通に見られるでしょうし


見てから行くかどうかを、検討するようになるのかと思います


獣医でも常に発信している人と、していない人でも


これからは、かなり差がつくかと思いますし、犬にどれだけ詳しい、猫にどれだけ詳しい


という部分も、しっかりと見られるようになってくると思いますね


今現在、犬や猫を家族同然として一緒に暮らしている人たちは


動物病院が、なんの発信もしていないのに、そこに行きますか?行きたいですか?


そういった地道な発信も、これからの時代を生きるための


重要なツールとなる可能性がありますね、という話で終わりと思います