学校の勉強をすればするほど合理的になり、これからの時代は、危険じゃないですか?という話


合理的って言葉を変えれば、人と違ったことはしない、したくないという 


解釈もできるのかと思います、子どもの頃から学校の勉強を


一生懸命頑張り、難関大学を目指し、その後は、大手企業に


就職するという考えは、とても合理的ですよね、また


違った捉え方をするのであれば、うまくいくかもわからない


成果が出るかどうか、わからないような挑戦なんて


絶対にしない!なんの保証もない!と考えるのも合理的かと思います


けど、社会に出れば、そんな合理的な考えを持ち、日々生活をしている人なんて


山ほどいるわけですよ、つまり全く差別化できていないので


いつあなたじゃなくてもいいよね?他に良い人がいるからごめんね


となる可能性も、なきにしもあらずかと思います


なので、合理的かと思っていたことが、これからの時代は


実は合理的じゃなかった、という状況になる可能性は十分にあるわけです


今までの流れは、子どもの頃から勉強を頑張ってきて


難関大学から大手企業コースは、合理的だったかと思います


しかし、これからの時代は、子どもの頃から勉強なんて全くしないで


様々な発信や配信をしていく方が、実は合理的かもしれないです


子どもの頃から勉強を頑張り難関大学コースは、やった割には報われない可能性が


これからは、ありますけど、子どもの頃から発信や配信をしてきた場合


様々な展開に持っていけるわけですよ、まず数の力がついた場合


子どもの頃から勉強を頑張り難関大学コースの人よりも


収入面では、余裕で上回ります、その収入もあらゆる部分から持ってこれるので


仮に一つがオワコン化した場合でも、他の部分からの収入を伸ばすか


また違ったコンテンツを、つくればいいだけなので


収入面が、完全に絶たれるということは、ないかと思います


数の力さえついてしまえば、あらゆるコンテンツをつくれ


しかもそれが、自動化できるという、眠っていても


お金が勝手に入ってくるという夢のような、お金発生装置を


つくることもできるわけなので、とても利点は大きいかと思います


当然、全員が全員そうなるわけではないと思う方もいるでしょうけど


子どもの頃から一生懸命勉強をしたとしても、全員が全員


難関大学に合格できるわけじゃないですし、合格したとしても


全員が全員、大手企業に就職できるわけではないです


それに就職できたとしても、すぐに辞める人たちは、実際に多いわけですよね


そうなってくると我が子には、どういった教育をした方が良いのか?


と悩むかと思いますけど、ただ一つ言えることは


勉強苦手、やらない、やりたくない、という子たちに関しては


難関大学コースは、もうあきらめてください、と言いますか


考えなくていいと思います、やった割には報われる可能性が低く


対費用効果が悪すぎます、下がり続ける株に投資してるようなものかと思いますので


しっかりと先のことを考えながら、我が子にはどういった教育が


適切なのかと考えた方が、良いのではないかと思います