進学校の落ちこぼれの方について


進学校に行ったけど、学校でもビリの方で卒業し、あまり偏差値の高くない大学に行った人たち


中には、大学進学を、あきらめた方たちも、いることかと思います


俗にこの方たちって世間では、進学校の落ちこぼれと


揶揄(やゆ)する方も、いるのかと思います、それに進学校に行ったけど


※揶揄(からかっておもしろおかしく扱うこと)


勉強が嫌になってやらなくて、落ちこぼれてしまったのか


それ以外にも理由があって、勉強できなかった、もしくわ


したくても勉強する時間が、なかなか取れなかったなど


様々な理由が、あるのかと思います、ここで自分は


進学校に合格できるぐらい勉強を頑張ったんだし


高校では、ちょっとうまくいかなかったけど、大学に入ってから頑張る!とか


社会人になって、いろんな人の役に立てるように頑張り続けよう!


などの強い意思や前向きな気持ち、姿勢になっているのであれば


むしろ進学校で落ちこぼれたことが、のちのち成果へとつながる


良い経験になりますよね、そうであってほしいです、けど、その真逆と言いますか


その中でも目につくのが、学歴コンプレックス略して学歴コンプです


とくに、たちが悪いのが、自分よりも偏差値の低い学校に行った人たちを


ひたすら馬鹿にし、見下すという何の生産性もない人間は


その先の人生、本当に下手したら詰みますよ、という話です


こういう人って、やっぱり嫌われるので、仕事もうまくいかないですよね


そうなると職を転々と繰り返すコースで、派遣、アルバイト


嫌になったらすぐに辞めればいいや!コースに進んでしまう恐れもありますので


注意した方が、いいですよ、という助言です、偏差値の高い学校に行ったのに


ずっと派遣をやっているという、おっさんは結構いるんですよ


その中には、勉強だとか学校の偏差値などで嫌味を言ってきたり


マウントを取ってきたり、自分の自慢話ばかりする人は、そこそこいたという印象はあります


そして、進学校に行き、その先も難関大学、大手企業コースとなっても


誰もが生涯、順調に物事がうまく進み続けるわけではないですので


進学校に行き、そこで勉強もできる、運動もできる、見た目も良い人に出会ってしまい


心底バカバカしくなって無気力な状態になっても社会に出れば


全然そのスーパー万能型タイプの人よりも成果を出せて


多くの人に認められ、収入も何千万、何億という金額を稼ぐことも


全然、可能性はあると思いますので、進学校に入って落ちこぼれた…


もう人生終わりだ…みたいに悲観することはないですよ、という話で終わりたいと思います