東京っていろんな私立大学が、あるんですね?という驚き


何回か、東京には、どんな大学があるのか?ということを


ネットで調べたことが、あるんですけど、その中でも東京って


もはや異常ですよね…何でこんなに聞いたことも、見たこともない大学があるんだ…


と驚愕(きょうがく)してしまいます、その多くが


Fランク大学、ボーダーフリーという意味ですけど


手っ取り早く言ってしまえば、定員割れをしているので


学力に関係なく誰でも入学できますよ、ということです


私立大学は経営をしていかなければ、いけないわけなので


定員割れというのが、一番困るわけですよね、助成金が国から


どのくらい出ているのか、わかりませんけど、そのお金は


本当に必要なの?という人もいるでしょうし、当然


国民の税金なわけですから、納得いかない人もそれなりにいるのかと思います


Fラン大学を出た人は、難関大学を出た人ほど、新卒プラチナカードが、使えないわけですし


20代も後半になれば、容赦(ようしゃ)なく、あなたに何ができるの?何が強み?


あなたにしかできないものは、何があるの?あなたに何が求められているの?


という見方しか、されなくなってしまうという現実があるわけです


一応、Fラン大学を出たけど、べつに大学に行かなくても良かったんじゃねぇ?


となる人たちも、実際それなりにいるのかと思います


難関大学を出た人たちだって、20代も後半になれば


勉強できるのはわかるし、頑張ってきたことは認めるよ


けど、それ以外に何ができるの?どんな実績を出してきたの?


という形に結局なっていくわけなので、べつにFラン大学に行くのは


意味がない、というわけではないんですけど、最低でも高校生の頃までには


ある程度、明確なビジョンを持ち本当に自分は大学に行く必要があるのか?


大学以外の道で、自分が頑張れそうな分野はどこ?


自分が、ちょっとした努力で勝てそうなポジション、成果を出しやすそうな分野


他の人たちよりも、勝てそうな道を、模索してみることは重要ですよね、という話です


その中で、どうしても自身の進路を考えて上で大学は、自分には必要だと思うのであれば


それは、親としっかりと相談して決めれば良いのではないかと思います