低学歴リベンジャーズの方たちについて

 

今までの時代は、中学、高校のときに偏差値30台ならば


その先に進むことになる高校、大学は大抵、見当がつくことだと思います


そして、その先に就職することになる会社なども大体こういったところかな?


というのがわかってしまったかと思います、なので学校の勉強しろ!


そうじゃないとろくな会社に就職できないぞ!大手企業に入れれば


終身雇用もあるし定年まで安泰だ!という時代は確かにありました


しかし、それはもはや遠い過去の出来事ですよね


リーマンショックのあたりが、分岐点だったのかもしれないです


今でも難関大学を出れば、大手企業に就職できたり


キャリア官僚、外資系金融、コンサルなどに就職するエリートの方も


一定数いるでしょうし、中には入って1年目でそれなりの成果を出せる


スーパーヒューマンもいることかと思います、けど、仕事内容があまりにハードすぎて


潰れてしまった人、仕事が合わない人、人間関係のこじれで嫌になった人


他にやりたいことがあり、自分にはこの仕事は向いていない


などという理由で、すぐに辞める人たちも一定数はいるわけですよね


前に大手商社に新卒で入ったのに、海外赴任が嫌だからという理由で数ヶ月で


大手商社を辞めた若者が何の番組かは忘れてしまいましたけど


テレビに出ていました、そうなってしまうと何のために頑張って勉強し


高学歴を手に入れたんだ…となってしまいますよね


なのでこれからの時代は、ネタで言っているわけではなくて


低学歴だけど、独自の強みを持っている人間が活躍する時代かと思います、勉強できなくても


学校の勉強をしないぶん、他のことについての勉強をしっかりとしましょう、ということです


当然、学校の勉強はした方がいいですよ、完全にしなくてもいいという意味ではないです


最近であれば、NFT、仮想通貨、メタバース、ビジネス全般そうですけど


とにかく自分自身に価値をつけ、独自の強みを手に入れる人生の生き方は


勉強が苦手、嫌い、できない人にとっては必須なわけですよ


それがなければ、肉体労働オンリー従事コースに多くの人が、基本なってしまうわけです


そして、多くの方たちが、低賃金、低収入という可能性も出てきてしまうわけなんですね


独自の強みがあれば、自分で仕事をつくってやっていけますし


他の人にはできない人生の歩み方ができるわけですよ


今は多くの経営者の方たちが、セミナーをやったりして


失敗しにくい起業の仕方などを余すことなく教えてくれますので


そういったところで勉強し意識を変え行動に反映させていくということも


勉強が苦手、嫌い、やりたくない人たちが、そういった場所で学ぶことは必須かと思います


大手企業に就職できなければ、年収1,000万という金額を稼げない、という時代ではもうないので


仮に今現在、学歴にコンプレックスを抱えている方々は


一念発起をして頑張ってみてはどうでしょうかね?


それに勉強が嫌い、やらない、やりたくないという


昔の自分のようなお子さまをお持ちの方も、検討してみる余地は十分にありますので


できるだけ早めに今やっている教育からシフトをした方が、良いのではないかと思います