勉強苦手な中学生たちの点数の壁について

 

中学生になると様々なテストがありますよね、各都道府県によっても違うでしょうし


難易度も違うわけなので、断定はできないんですけど


一番最後のテストのラスボスである高校入試の問題で


300点って勉強苦手な子にとっては壁なんですよ、という話です


仮に1教科60点として×5で300点になるわけですけど


勉強苦手な中学生が、高校入試の数学で60点なんてまずとれないです


下手したら1ケタたとか普通にいるかと思います、そうなってくると


残りの4教科の点数を値上げするしか方法はないわけですけど


そうなると各教科70点前後をとらなければいけなくなってしまいます


これでなんとか300点という壁に到達できる人もいれば


現実的ではない中学生も多いかと思います、であるならば


最低でも数学の方は、50点前後ぐらいとりにいくという戦略で


高校入試までのプログラムを組み日々勉強を頑張っていくという


必要があるのではないかと思います、仮に数学で50点が取れた場合


残りの4教科は、トータルで250点とればいいわけですし


理科と社会は70点をとりました、となった場合、残りの


国語と英語は合わせて、110点をとればいいので実は壁ではなくて


勉強を毎日継続してやっていれば、誰でも乗り越えられるハードルって話です


しかも、その勉強する内容も基礎、基本レベルの内容を徹底するだけで


十分乗り越えられるハードルなので、何の問題もないわけですよ


ただ、やり続けないから乗り越えられないだけなんですね


高校入試の問題で300点をとれないなんて頭が良いとか悪いとか


1ミリも関係ないので、仮に馬鹿にしてくる人がいるのであれば


ただの世間知らずなので無視して、基礎、基本レベルの内容を徹底して積み上げるという


勉強方法をやってみてください、そうすればそのうち


300点なんて普通にとれるようになります、取れないのであれば


その内容を徹底してやり続けていないだけです、本当に


ただそれだけなんですよ、という本当に本当の話です、頑張ってください!