夢グループのCMについて

 

まず結論から先に書きますと、夢グループのCMを見て笑ってる人は
 

自分で仕事をつくることは、一生できない、という話です


厳密に言えば、つくることは、つくれるかと思いますけど


普通に生活できるぐらいの利益を生み出すなんて無理があり過ぎるということです


そして、その理由は?と言いますと、まずあのCMを打ち出す前に


いろんな段階があって、いろんな分析だとか検証、テスマ(テストマーケティング)


数字の動き、ターゲット層、わかりやすさ、口調、表情、話す速度など


まだ細かい部分は、たくさんありますけど、しっかりとつくり込んできているかと思います


それに、テレビのCMってめちゃくちゃお金がかかるので


適当にやって見てくれたお客さんが、商品を買ってくれれば良いな♪


みたいな考えだったら今頃、夢グループという会社は存在していないです


こういった裏にある部分を見ないで、表面的な部分だけを見て


ダッサ(笑)古臭い(笑)今昭和だっけ(笑)何この人(笑)


みたいに考える人たちは、将来、肉体労働一生頑張ってください!コースかと思います


逆にあのCMを見て、なんでこんなCMを打ってくるんだろう?


誰向けにCMを打ってきてるの?何でこの男性と女性の人なの?


と思った方たちは、自分で仕事をつくれるセンスがあると思いますので


自分で仕事をつくってお金を稼いで欲しいな、と純粋に心からそう思います


そして、あのCMから感じ取れることってターゲット層は


お年寄りの方ですよね、お年寄りの方って優しい感じのお父さんって好きなんですよ


純烈さんも世間一般の人からしてみれば、年齢的にも


優しい感じのお父さん、という感じはしますよね


この特性は、お年寄りの方に対してビジネスを展開する場合


とても大事ですし、入り口だと思うんですよ、これがないのに


お年寄りの方の心の中に、入れないわけですからね


綾小路きみまろさんも見た目は優しい感じですし


優しそうだからトゲのあることを言っても許され


それが笑いにつながり、対価としてお金をいただくという


ビジネスモデルが出来上がっているのかと思います


トゲのありそうな人が、トゲのあることを言ってしまったら


普通に怒られると思いますからね、ここで簡単にまとめますと


奥の方にある深い部分まで見ないで表面的な部分をだけを見て


そこだけで判断してしまったら、何も成果は出せないですし


何をやるにも、何をやるにしても、うまくいかないですよ、ということです


ここで一つ考えてみてほしいことは、ジャパネットって


何であのやり方をしているのか?ということを自分なりに仮説を立てて


考えてみることはとても大事ですし、良い学びになるかと思いますので


とくに勉強苦手な子どもたちは、是非やってみてはどうでしょうか?


なんでよく祝日にやっているのか?なんで金利手数料は


ジャパネットが負担します!ということをよく言うのか?


誰向けにあの番組をやっているのか?ということを考えてみることは


マーケティングなど、その他の部分も学べますので


とくにこれから自分で何かビジネスをやってみたいと考えている方も


参考になると思いますので、是非やってみてはどうでしょうか、という話でした