好きなことと闇鍋について

 

もはや定番になっている考えの一つでもあります


自分が好きなことをやった方が良い、仕事にした方が良い


それが一番良い、みたいな考え方と自分が好きなことは


趣味でやった方が良い、仕事にしない方が良い、今は好きでも


そのうち嫌いになったらどうするの?みたいな考え方や


意見って人によって違いますし賛否両論がありますよね


でもこの中に、お金だとか成果だとか、という言葉ってあまり出てこないんですよ


では、この二つの言葉を入れて考えた場合ってどうなるのか?


ということを少し書いてみたいと思います、まず、人生というものって


大きく見れば、闇鍋みたいなものかと思います人の人生もそうですし


世界の情勢が、どうなるかなんて誰にもわからないですし、わかりようがないわけです


つまり闇鍋のように、何が入っているのかなんて誰にもわからない


スリルと隣り合わせで生きているようなものかと思います


そういった中で、自分が好きなこと、自分がやりたいこと


自分ができることに、焦点を合わせて考えた場合、どれが一番食べられる食材を


引き当てられるのか?ハシでつかむことができるのか?という問いですね


例えば、いまや世界中にファンの方がいらっしゃる


新潟県出身で一番有名な漫画家、高橋留美子さんですけど


あの方は、漫画家を書くことが、心底好きなのかもしれないです


そうなるとやっぱり好きなことをやった方が良い!好きなことをやっていれば


いずれ多くの人に認めてもらえるんだ!やっぱり好きなことをするのが一番だ!


と、そこだけを見ればそうなりますよね、しかしこういった見方、考え方ってどうでしょうか?


高橋留美子さんは、デビュー作がいきなりヒットしました、売れました、実際そうです


そして一躍、人気漫画家としてスターダムにのし上がりました


嬉しいです、楽しいです、ずっと続けられます、という流れになった場合


高橋留美子さんに限らず、他の漫画家の方もずっと続く限り


漫画を書くことはやめないかと思います、では、漫画家をやっていたとしても


ずっと売れなかったらどうなるのか?漫画を書くことが


三度の飯よりも好きだったとしても続きますかね?


好きでいられますでしょうか?それに成果が出たから


好きでいられるということもあるでしょうし、好きでもない


むしろ嫌いだけど、成果を出せるのであれば、それがいずれ


好きになる人は、大勢いることかと思います、つまり好きでもないことでも


成果さえ出てしまえば、好きになりますし好きだったとしても


成果が全く出ないのであれば、好きなことも続かないですし


好きではいられない、好きなだけではやっていけない状況に


いずれなってしまう可能性も、ぶっちゃけ高いと思いますので


好きなことだけで一点突破を試みることは、闇鍋ならば


誰かが入れた931日そこら辺のおっさんが履き続けた靴下を


引き当ててしまう恐れもありますので、好きなだけで


物事を考えたり行動に移すのではなく、他の考えや違った視点で物事を考えたり


捉えたりすることも大事なのではないでしょうか、という話でした