キャッチボールと個人ビジネスの話

 

キャッチボールと個人のビジネスって似ていまして


それは、ボールを投げる人を明確にしなければいけないという点です


キャッチボールって相手が投げたボールを、キャッチし


そのキャッチしたボールを相手に投げることによって


キャッチボールというものが成立するわけですよね


その中で変化球を投げれるのであれば、投げて楽しむということだってできますし


いろんな会話をしながらキャッチボールを楽しむという人たちもいるかと思います


でも相手が投げたボールをキャッチした後、そこら辺のおっさんめがけて投げたら


普通に怒られますし下手をしたら警察沙汰になってしまい


大変なことになってしまいます、これは個人でビジネスをする場合でも


とても重要で、ターゲット層を明確にしなければうまくなんていかないという話です


それをしないと何がデメリットなのか?と言いますと


大手との勝負になってしまうわけですよ、個人でビジネスを展開する場合


大手と戦ってはいけないというのは、もはや鉄則なんですね


大手と戦うのではなく大手企業の方に流れている


一部のターゲット層のお客さんを、自分側へ誘導するという形になるかと思います


大手の戦い方は、投網漁(とあみりょう)で個人での戦い方は、一本釣りなんです


ここを見誤(みあやま)ってしまうと、うまくはいかないかと思います


欲を出して網を投げたい気持ちは、誰もがあるでしょうけど


もう一回書きますけど、それは大手の戦略ですし


大手が大得意なやり方なんですよ、大手企業が広告費で


億のお金をかけるなんて、余裕ですからね、でも個人でそんなお金なんて


無理があり過ぎるわけです、なので個人ビジネス=一本釣りという手法は


変えずに来てくれたお客さんに、しっかりとした商品の説明や提案をし


決して売り込むようなことはせず、お客さんが得すること


そして逆に、損をしなくて済むなどの部分が伝わるならば、商品の購入はしてくれるでしょうし


大手ではできないような価値提供ができ+固定費がかからないのであれば


個人ビジネスでは、ほぼ勝ち確定なんですね、今はまだ個人でのビジネスには


興味が無い方でも、絶対に何かできることはあると思いますので


まずは考えるだけでもいいので、少し考えてみてはどうでしょうか、という話です