感情論や根性論って必要ですか?という話

 

多くの教育に携(たずさ)わる方って結構、感情論、根性論、強めなんですけど


べつにそれが、悪いと言いたいわけではないです


夢を持て!とか努力は必ず報われる!などに近い言葉を使い


日々指導者として邁進(まいしん)されている方々は多くいることかと思います


そして、挨拶をしなかったら怒るとか遅刻をしたら怒る


ふてくされた態度とったならば、お前そんな態度じゃ将来ろくな大人になれないぞ!


社会出てからそんな人間は通用しないぞ!みたいなことを言う指導者の方は今も


多くいるのでしょうかね?では現実的に将来そういった類(たぐい)の言葉を言い放ち


ある程度、誰もが言えるよく聞くフレーズを言ったことにより


その学生たちが、優秀な人間になれるのか?社会に出てから


成果を出せる人間へと成長できるのか?と言われると


疑問なわけですよ、無いよりは、あった方が良いのかもしれないですけど


それを前面に押し出し、押しつけるような教育って必要ですかね?意味ありますかね?


という問いですね、当然そんなの必要に決まってる!当たり前だ!とか


それが教育というものだ!という意見があっても


それは当然です、ここで自分が一つ提案したいことは


お金に関しての教育を先に学ばせるというのはどうですか?という提案です


お金の増やし方、使い方、お金の流れる仕組みマネタイズの仕方


マーケティングなど、まだいくつかありますけど、お金を稼ぐって基本


人として未熟な人って無理なわけですよ、例外はありますし


周りにしょぼいと言ったら失礼かもしれないですけど


ろくな人がいないとか、そういったこともあるかと思います


とにかくお客さまの悩みを解決するなどのことをするにしても


礼儀正しい態度、お客さまを助けたい、救いたいというような気持ちが


前面に出ないと嫌がられるわけです、けどそうなってくると


人としての部分だったり、その他のことも多く学ばなければ、いけなくなるわけです


そうじゃないとお金なんて稼げないですし、普通に貧乏になってしまいますので


学びたい!という思いや気持ちではなく、学ばなければいけない!


という強い思いや気持、思考になってしまうんですね


とくに勉強苦手な子たちって、ちっちゃい頃からお金についてのことを教えることで


将来、お金に関すること主に収入面ですけど、その不安や


悩みは確実に和らぐのでオススメです、という話です


勉強苦手ということは、あらゆることに対しての


学びをしない可能性もあるということですので、そうならないように


しっかりと教育の方をしなければいけないわけですね、という話でした