勉強できない子の将来のカギになるのは、この部分ですよ?という話

 

結論から先に書きますと、自分で仕事をつくれるか、どうかの部分ですね


これが仮にできるのであれば、人生は大変ですけど楽しいです


それは、普通の生き方をしているだけでは、絶対手に入らないものが


いくつか手に入るからなんですね、それはある程度の自由だったり


自分のため、自分の周りにいる人やペットのために使える時間、お金


収入の方だって自動でお金が入ってくる形や仕組みを


自分次第で手に入れることや、つくることも可能ですし


年収1,000万、それ以上だって全然、無理ではないわけです


では勉強できない子たちが、いやいや学校の勉強をし


仮にそれなりの偏差値の学校に行きました、そして


組織の中に就職という形で入りました、となった場合


上記に書いてあることを全て手に入れることは不可能なわけですよ


まず仕事に関しては、ある程度は動き続ける仕事をする形にどうしてもなってしまうんですね


完全デスクワークだったとしても給料は安いですし


いつまでもデスクワークの仕事って存在し続けますかね?


年収に関しても年収1,000万どころか、年収300万円台後半でも全体から見れば


全然貰えている方です、そうなると一生懸命勉強して


難関大学から大手企業に頑張って行くべきだと思いますよね?


しかし、残念ながらそのルートはもう、年々怪しくなってきていまして


正直言って今企業側が求めている人材は、学歴とかどうでもいいので


即戦力で、すぐに成果を出してくれる人材を欲している思います


成果を出してくれるのかもわからない、すぐに辞めるかもしれない新人に


お金なんてかけてる暇も余裕もない、というのが今の企業側の現状ではないでしょうか


コロナ、円安、原油、あらゆる原材料費の高騰などで


ダメージを、くらいまくっているわけですからね 


こんな状態が、すぐには収まらないどころか、むしろ


もっと悪化するかもしれない中、もはや学歴だけで


企業側が、人材を選ぶなんてことはしない、という話です


一にも成果、ニにも成果みたいな外資系寄りには


確実になっていくと思います、そういった時代になっていく中で


勉強できない子たちが、身につける力は、学校のお勉強ができる力ではなく


自分で仕事をつくることができる力なわけです、その力さえつけてしまえば


どんな時代になろうと関係なくはないですけど、生き残っていけるわけですからね


なので今現在勉強できない我が子に必死に学校の勉強させている


親のみなさまは、発想の転換をしてみたり、今までとは


違った考えを持つことは、とても重要かと思いますよ、という話でした