子どもにわざと苦労させる教育、これ本当に大事です、という話

日本の教育の中心は、今でも褒めて伸ばすという教育なんでしょうか?


一昔前は、ゆとり教育というものがありましたけど


結局うまくいかなくて従来の教育に逆戻りどころか


教科書の厚みがより増してしまったという、なんか日本の教育って錯乱しているのかな?


というぐらいの感覚を覚えます、褒めて伸ばすという教育って


個人的には、ゆとり教育と大して変わらないのでは?と思ったりもします


そもそも何を褒めて伸ばすのか?人によっては褒められなければ伸びないって


これだいぶ問題ですよね?人に動かされなければ、自ら動かないってことですし


動けないという表現もできるのかと思います、正直言って


こういったことが日本の教育の中心であるならば


日本という国の未来もないのではないでしょうか


という危機感を覚えます、苦労させるというといかにも


虐待みたいに連想してしまう方もいるのかと思いますけど


わかりやすく言えば、様々な力を地道に積み上げるという苦労ですね


それは学校の勉強もそうですし、運動もそうです


とにかく自分が決めたことに関しては、何が何でもやり抜く


やり切るという苦労です、子どもの頃にそれが当たり前になっていなかったり


自分がやると決めたことをやり抜いた、やり切った経験がないって


30代になれば人によると思いますけど、20代の頃は


言葉は悪いですけど、浅く薄っぺらい何の頼りがいもない


昔の自分のような未熟な人間のまま、社会の荒波に飲み込まれてしまい


ろくな20代を過ごせないかと思います、30代になれば変わる人


自ら変われる人も実際にいますけど、そのままズルズルと


行ってしまう人もとても多いというのが、この社会の現実なんです


ですので、褒めるだとか認めるという教育も人が成長するためには


必要な要素かと思いますけど、何の苦労もしていない


少し努力しただけで過剰に褒めるだとか、そういったものは教育ではなく


ダメな人間を育成してしまう凶育ではないでしょうか、という話で終わりたいと思います