勉強できない子たちって0が多いんですよ、という話

 

勉強できない子、0と聞くとテストで0点みたいに連想してしまいがちかもしれないですけど


勉強に対するものと言いますか、人としての部分ですね


まず勉強に対する取り組み、姿勢、勉強したいというやる気0


勉強に対する興味、関心0など、ゼロゼロ祭りが毎日のように開催されているわけです


この状態で正しい勉強方法、正しい勉強の仕方、勉強の楽しさなど


あらゆる形に変化させたとしても一切受け入れないんですよ


なので、その0の部分をまずは、1にするということが必要なわけですけど


これがとてつもなく大変で親を含め多くの教育に従事する方々を


悩ませ苦しませ続けているものなわけです、ではこの解決方法ってあるのか?


と言われたら普通にあるわけです、それは勉強しなければ


いけないという、強烈かつ強力な原動力ですよね


そしてその理由です、これがないのにやらないか、やってもすぐにやめるかのどちらかです


では、その原動力になるものは何なのか?それは、その先の未来を大きく見た場合


自分にとって必要になるものです、例えば、サッカーの日本代表に絶対なるんだ!


という子とサッカーは好きだからやっている、楽しいからやっている


という子たちがいた場合、どっちの子の方が将来サッカー日本代表になれて


所属するチームで成果を出せるでしょうか?サッカーが好きだ、楽しいとなっても


他に好きなものや楽しいことが出てきたどうしましょうか?


大抵は出てくるものなんですけどね、勉強やらない子たち


勉強しない子たちが、勉強好きだ!楽しい!が勉強するための


モチベーション、原動力には、ならないわけですよ


ピーマンが大嫌いなのに、どんなに手の込んだピーマン料理を作ったって


ピーマンが大嫌いなわけなので、大好きになることも、ピーマン料理を食べることが


唯一の楽しみにはならないわけです、ですので勉強しない


したくない祭りを中止に追い込むぐらいの勉強するための強い原動力や理由


これを必死になって探し、あらゆる部分を0から1にするような


子育て教育、指導をすることによって必ず勉強するように


なりますので、頑張ってください、応援しています