機動戦士ガンダム水星の魔女から勉強できない子たちが学べること

 

今現在絶賛TBS系列で放送中の機動戦士ガンダム水星の魔女ですけど


これから先のストーリーに関しては、全然わかりませんが


今のところものすごい学べるストーリーなわけですよ、ということです


それは、学生たちが会社を立ち上げて孤軍奮闘しているところがです


現実社会においてもこういったものが出てきてもいいのではないでしょうか


これに関しては国が関わるといろんな制約がかかるので、完全に民間という部分に切り離して


起業家、経営者の方たちが力を合わせて起業家、経営者養成所


みたいなものをつくってみるとか、ぜひやってもらいたいんですよね


子どもたちってやっぱり発想が柔軟なので、もしかしたらそこから


将来、日本を代表するベンチャー企業が生まれるかもしれないです


今はサッカーでもそうですけど、サッカーがうまい子は


Jリーグのユースに入って小、中は義務教育なので


昼間は学校に行き終わってからチームが持っているグランドなので


練習やトレーニングをし、いつかプロのピッチに立てるように一生懸命頑張ってるわけですよね


これと同じような形がビジネスでもできるのではないでしょうか、ということです


その養成所で好成績をおさめた学生は、プロの経営者として


ビジネスの舞台に立てるとかアメリカでは普通にありそうですけどね


今はユース上がりの選手が、どんどん海外に出て活躍しているわけですけど、これと同じで


いちプレイヤーと活躍するのではなく起業家、経営者として活躍できる日本人


これからの時代、こういった人たちを本格的に育てるような仕組みづくりや環境を


民間の人たちが頑張ってつくり上げることも大事なのではないでしょうか


今のままの日本って沈みゆく船なわけですし、その船の舵をとっているのが


日本の政治家の方々なわけです、もう民間の人たちが頑張らなければ


日本がこれから浮上するなんてないわけですよ、なので


アムロ・レイやシャア・アズナブル、スレッタ・マーキュリーみたいな


ニュータイプの日本人を、これから育てていかなければ


日本の未来はないですよね、という話でした