勉強できない子の英語の覚え方について

 

今は小学校でも英語の授業が必修化され、高校入試や大学入試にも


有利になるため、あらゆる英語習得手段なるものがあるわけです


パソコンの画面を見て音読するものとか画面に出てきた英単語を


タイピングして打ち込む勉強方法など本当に多種多様で


あらゆるものがあります、その中で勉強できない子の


英語の勉強方法って結局何が一番良いのか?と気になりますよね


勉強ができる子、その中でも自分で正解を自ら見つけていける


賢い子なら勉強方法とか正直、何でもいいわけですよ


むしろ下手に口だそうものならうっとうしいので


逆に勉強しなくなるかもしれないですので、素直に


見守るという応援形式の形でいいのではないかと思います


そしてここから本題に入りますけど、勉強できない子


というのは、そもそも自ら勉強なんてしないって話ですよね


したとしても一時的だったり、やっているふりをしていたり


勉強ではなくただの流れ作業(教科書をノートに丸写しするだけ、教科書を眺めているだけ)


をしていたり、そんな状態で中学生ならば中間テスト


期末テストで高得点を取るなんて夢のまた夢なわけです


そしてその先は偏差値の低い高校に無気力の状態のまま進学し


仮に大学に進学したとしても私立大学の中でもあまり、という感じのところですよね


ではそういったルートに進んで、その先にある人生の本番をどう迎えるのか?


どう進んでいくのか?不安でしかないですよね…それにその先はどうなるのか


ということに関して自分は、ある程度は知っているので


本音ではあまり書く気には、なれないです、そして


勉強できない子の英語の勉強方法ですけど何をやっても最終的には


原点回帰しますよ、ということです、少し前にスピードラーニングとか流行りましたよね


実際どんなものなのかやってみるという行動に出ることは


とても良いと思うんですけど、もう一度書きますけど結局


何をやっても勉強苦手、できない子は、原点回帰しますよ、ということなんです


それは自分も実際に経験しているんですけど、耳で聞いて覚えたり


今もありますけど、電子単語帳なるものがあるんですね


これらは寝ながらでも英単語を勉強できるのでものすごく楽なんですよ


その結果、寝ながらやるようになったんです、そして、ばっちりと


睡眠学習という学習方法に切り替わってしまったというオチです


どうしても横になりながらやっているので眠くなるんですよ


パソコンを使って英単語を覚えるというやり方も結局、あきますし続かないです


そもそも勉強なんてやりたくもないですし、やる気の


やの字すらどっかに捨ててきた状態なのに英語に限らず


勉強そのものが続かないわけです、ですので何をしたとしても


原点回帰をすることになりますし、勉強ができないのであれば


そこを中心にやっていくという方法しかないわけです、原点を中心に、という話です