勉強できない子の0と1の問題

 

結論として何が書きたいのか?ということを先に書いてしまいますと


何事も順序ってありますし正しい形の積み上げをしないのに


物事ってうまく前に進みませんよね、ということです


ではこれを、みなさまの勉強が嫌いで、できない、やりたくないお子さまに


当てはめて考えてみた場合、びっくりするぐらい当てはまるわけですよ


まず何で勉強ができないのか?となった場合、勉強してないからですよね


では何で勉強しないのか?と言われたら勉強したくないからですよね


いろんな事情があって勉強がしたいけど勉強できないという子たちは


少し置いときまして基本的に勉強したくないから


勉強できない、苦手になる、その結果、成績が悪い


そして自分が進学した偏差値30台のガリ勉しかいない


進学校に進む羽目になってしまうわけです、そしてその先の大学となっても


こういった知識が身につきます!国際色豊かな人間へと成長できます!


というただのこじつけのような私立大学へ進学してしまう方たちも


それなりにいるのかと思います、しかし私立大学の場合


キャッチーな広告を打ち、ある程度の生徒を確保しなければ


経営的な面で厳しい局面へと追い込まれてしまうわけなので


経営判断としては、あらゆる手段を使い生徒を囲い込むことは当然のことですけどね


それに大学が悪いというよりも、しっかりとした0と1の部分を積み上げてこなかった


その大学の学生が悪いのでは?という捉え方もできるわけです


なんでもかんでもFランだとかと言ってバカにしているのは筋違いで 


Fランに行ったけど新卒で大手企業に採用される方は実際にいるわけじゃないですか


ではその人たちが大学に入って何をしたのか?と言うと


大手企業に採用されるぐらいの成果を大学生の期間内で作り上げたということですよね


それは、英検、TOEICだったり取得するのが難しい資格


中には、学生の頃に起業したり個人でお金を稼いで


それを実績に自分を売り込み大手の採用を勝ち取ったという人もいるのかもしれないです


つまりやることをしっかりとやり成果が出るところまで積み上げていったから


それが形となったというだけの話ですよね、ではこれを


タイトルにあることに当てはめてみますと、ただ成果が出るところまで


やっていないだけの話になります、勉強できない子って


0と1の部分がガタガタなんですよ、少し勢力が強い台風が


直撃したならば、木っ端(こっぱ)微塵(みじん)に折れまがってしまう程、脆弱(ぜいじゃく)な骨組なわけです


そして、様々な手を使い我が子を自らやるようにさせているけどやらない…


となってもやらない、もしくは、したくない理由ってあるわけですよ


それが有りその部分を取り除かないのに勉強しない子たちは


逆になんでやるんでしょうか?勉強をする理由があるからやる


勉強をしたくない、しなくてもいい理由があるならば、やらないですよ、自分もしないですね


勉強できない子、やらない子は、やる気が無いから勉強をしないわけではないんですよ


ではどうすればいいのでしょうか?答えはしっかりとあるわけですので


正しい解答を選び、間違った方向へは進ませないように


気をつけなければいけないですね、という話でした