勉強できない子に私立大学で約400万円の教育投資は妥当なのか?を少し考えてみた

 

当然、タイトルにある金額は理系であればもっと高いわけです


それに一人暮らしをするとなった場合、生活費などが


上乗せされるわけですので、子ども一人でも重くのしかかる金額なのに


子どもの数が多ければ多いほど、その悩みもため息をつく数と比例して増えるのかと思います


しかし、いきなり大学4年間でお金がかかるのではなく


子どもの頃から様々な習い事をなどをさせてきた場合


その額は、高級車が普通に買えてしまうぐらいの方々も多くいるのではないでしょうかね?


中には、家が建つぐらいのお金を我が子のためにと思い


投資してきた子ども思いの保護者の方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか


投資って、したからといって必ずしも成果につながるか


わからないどころか、昔のJALみたいに価値ゼロの紙切れ同然に


なってしまうという可能性もあるわけですよね、子どもの頃から教育費に


多額の投資をしてきました、その結果、進学校に合格し


大学も現役で難関大学に合格しました、これで教育投資は成功!


自分の選択は間違っていなかった!大手企業は確実、これで将来安泰だ!


という可能性があるわけですからね、あくまでも投資なので


その先、良い人生を送れるかなんて本人次第なわけですよ


学歴が無くても社会で成功してる人たちも、それなりにいるわけですけど


それは、その人たちが社会という荒波だらけの世界で


ずっと頑張ってきた、努力をし続けてきた結果ですよね


高学歴だろうが、大手企業に入ろうが、その人が頑張り続けなければ


その先は、沈んでいくだけなわけです、そうした中


学生時代に勉強できなかった人たちが、よくわからない


私立大学に進んでいくという形があるわけですけど


これって教育投資という観点で考えてみた場合どうなのか?って話ですよね


この大学で多くのことを学び人として成長出来ました!


とか、そんなことはどうでもいいわけではないですけど


それは、あなたの感想ですよね?の割合が大きいので


少し置いておきまして、その大学に入った場合その人が


将来どのような飛躍的な活躍ができるのか?という部分を捉え、考えてみた場合


その私立大学に400万ぐらいの教育投資って効果は薄いのではないでしょうか?


という意見があってもいいわけです、実際問題として


そのお金を支払った保護者の方々からしてみれば


後悔している…という方も多いのではないでしょうか


そうなった場合、勉強できない子たちが誰でも行けるような


私立大学以外のルートがあってもいいわけですよ


それは例えば、子どもの頃からそれしかやらない


ひたすらそれをやっているというものがあり、ブレずにそこに向かって突き進んでいく


という方向性、勉強できない子たちはこの形は全然有りですよね?という話です


とりあえず大学とか保険としての大学、大卒という部分では


あまり考えない方が、みなさまの勉強が苦手で、できないお子さまの将来を考えた場合


良い人生、良い方向性へと駒を進めていける可能性は


高いのではないでしょうか、と個人的には考えます