勉強できない子と元々勉強できる子の逆転合格は違いますよ、という話

 

まず逆転合格という部分を見る場合のポイントとして


最も重視しなければいけないところは、期間なんですね


運動でもダイエットでもあらゆることの成果って


その芽が出るまで、ある程度の期間ってどうしてもかかってしまうわけです


例えば、ワンピースは今何巻まで出ているんでしょうか?


結構な数、出ているわけですよね、そのワンピースの単行本を


1巻から最新巻まで読むとなった場合、それなりの時間がかかるわけです


そして一回読んだだけでは、どんなストーリーなのか


どんな登場人物がいて、どんな展開になっていくのか


逐一(ちくいち)説明してみて!と言われても一回読んだだけでは


赤い帽子をかぶった鹿がいた、ぐらいしか言えないわけですよ


なので何回も読み返さないと、チョッパーだとかサンジ、ゾロなどという名前も


覚えられないですし、どんなストーリーなのかもよくわからないわけです


けど、数ヶ月で難関大学に逆転合格をした方たちは


そもそもワンピースの登場人物、ストーリー展開など


それなりに知っている状態で、一時的に勉強していなくて、また勉強し始めました


そうなった場合は、数ヶ月で逆転合格は十分可能なわけです


かたや勉強できない子って漫画興味ない!アニメなら見る、だってそっちの方が楽だし!


ワンピース興味ない!みんなが見てるから嫌だ!


自分はジャンプよりマガジン派!みたいに逆転合格をするにも


そもそもの逆転合格を果たすための知識などを含めた


人としての土台が、暖冬で積雪0のスキー場のように


スキースノボーをしたくてもできない状態なんですね


前に進みたくても進みようがないということです


本当に勉強できない子って、こんな感じなんですよ


あらゆる部分の力などが、積み上がっていないので


スキー場のリフトは止まったまま、操業停止状態に追い込まれているという形になるわけです


当然、雪が降ってスキースノボーが楽しめる状態になれば


お客さんは来てくれ、スキー場の操業を再開することはできるわけです


しかし、それまでには時間がかかりますし今まで止まっていた分


売り上げを上げないとしばらくは、黒字にはならないわけですよね


これと勉強できない子の逆転合格を照らし合わせて考えてみた場合


似たようなことが言えるわけです、スキー場の運営も


それなりに雪が降り続いてくれなければ、操業もできないですし、そのうち止まってしまいます


勉強できない子も知識という名の雪を頭の中に入れ続けてあげなければ


勉強はできるようにはならないですし、当然、成績も上がらず


それなりの偏差値の学校に逆転合格!なんて夢のまた夢なわけです


そして、雪も基本ずっと降り続けることってないわけですよね


これは、勉強できない子も一緒で勉強できない子が


毎日2、3時間365日、自ら勉強し続けることなんてまずしないですし


異常気象が起こらない限りそんな状態にはならないかと思います


けど、そんなに勉強しなくても全然勉強はできるようになるわけですけどね


スキー場だって冬の期間、雪が降ってくれて夏は違った形で


お客さんに楽しんでもらうことによって利益を出し続けていけるわけですよね


それに勉強できない子に毎日、学校の勉強をさせるなんて御法度で


違った形の知識を与える、いろんな体験させてみて


そこから様々なことを学ぶ、などのことをすることになって


人としても成長しますし、あらゆる部分の力が積み上がり


最終的には自ら勉強するようになるというストーリー展開が考えられるわけです


そして、やっとワンピースのことも学び出して逆転合格ではなく


通常合格への道を自らの足で歩んでいける形に進化していけるのかと思います


最後に今現在勉強が苦手で、やらない、そしてできない


お子さまがいらっしゃる保護者さまの方々は、我が子に


逆転合格を目指させるよりも、通常合格を目指させた方が良くないと思いませんか?


こっちの方が、様々な力が積み上がった状態で合格するという形になりますので


個人的には、こちらの方をおすすめしますね、という話でした