しりとりで、る、から始まるとき必ずルビーという人は語彙がない説

f:id:teihenjyuku:20210228123416p:plain


しりとりをするときに、る、で始まる言葉に戸惑ったことがある人は


それなりにいるのではないでしょうか?


まずは、る、で始まる言葉を適当にあげてみたいと思います


ルイ◯世、1世〜18世、ルイージ、流川楓(スラムダンク)、ルパン三世など


ほぼアニメやゲームですね


ルイ1世から18世は、ちょっとこれ卑怯(ひきょう)かもしれないです


その他にもルーム◯◯◯とか(ルームシェア、ルームランプなど)


学校の勉強ができる人たちは、累乗とか累進課税など言えるかもしれないですね


国でしたら、ルクセンブルク、ルーマニア、ルワンダ


子どもたちの間でルー大柴と言ったら、えっ?


てなるかもしれないですので、注意が必要かなと思います


今の子どもたちはルー大柴さんって知ってるんですかね?


英語が好きな子どもたちは、もしかしたら知ってるかもしれないですし


ルー大柴さんの書籍とかを持ってる可能性もあるかと思います


結局、しりとりで強い人は語彙(ごい)がある人が強いでしょうし


単純にしりとりで負けたくないのであれば、いろんな言葉を覚えればいいだけですので


つまり、しりとりは勉強すれば誰でも自然に強くなるという、シンプルなシステムですね


話は変わりまして、語彙(ごい)がないということは


言葉を人に伝えることが苦手になってしまいますし


文章も書けない、読めないなど、いいことが一つもないんですよ


これからの時代は、発信することの重要性、必要性などがますます増してくると思います


人よりも優位性を高めたり差別化をはかるという意味でも


言葉の力というものは重要ですし、必要なんですよ


例えば、中学校の5教科の中で国語を除く4教科が、すごいできたとします


しかし、この4教科だけができてもバリエーションがないというか


ただこの4教科だけができる人で、社会に出てから、4教科、英語、数学、理科、社会だけで


お金が稼げる人は、そう多くはないかなと思います


しかし、極端ですけど仮に国語だけが飛び抜けてできた場合は、バリエーションが豊富と言いますか


例えば、小説をかけたり、ブログ、twitter、今はラジオのアプリなどもあります


他にも脚本が書けたり台本、話のストーリーを書きいろんな人に提供できたりと


もっとあると思いますけど、国語ができるだけで


いろんなビジネスを展開していけたりするんですよ


ですので、今、自分で語彙(ごい)かないと感じているのであれば


まずはジャンルは何でもいいと思いますので


1日に少しだけでもいいので、本を読むという習慣を身につけてみてはどうでしょうか?


やらなければ、語彙は増えないわけですので、頑張ってみてください、応援しています

成果の出し方は決まってます、という話

f:id:teihenjyuku:20210227124404j:plain


基礎で始まり基礎で終わるみたいな、極端ですけど基礎は、本当に大事だと思います


人生で痛い目にあう人は大抵、基礎をやらない人、基礎をなめてる人だと思いますからね


それと、消極的な人ほど、できないということを言うプロですよね


けどその道のプロになってもお金稼げないですし、一生、貧乏ですよ


最初からできないと決めつけるのではなく、どうしたらできるかを考えましょう


不可能と困難は違いますので、人間が生身で空を飛ぶのは不可能です


けど、年収1,000万稼げと言われたら困難ですけど、不可能ではないですよね?


やってやれないことはないですし、できますよ、できないのは基本、やり続けないからです


世の中は本当にやってみなければわからないことだらけです


やってみないうちに無理だとか不可能だとか言っていたら


何も成果を出せなくて人生の敗北者になってしまいます、それは嫌ですよね?


解決策はやるという行動のみですね


困難は乗り越えなければ、困難というものを乗り越えることはできないです


成果を出すにはまずは、やってみなければ何も始まらないですし


やり続けなければ、成果は出ないです


例えば、最初は小さな雪のかたまりがあったとします


それを雪の上に置いてずっと転がしていったらどうなりますでしょうか?


けど途中で転がすのを止めたらどうなりますかね?


成果を出すやり方は全て一緒なんですよ


努力や苦労や失敗は、より大きな自分を育てるため、成長するための自己投資です


それをしないのに人間は成長しないです、これからの時代はますます


貧富の差は確実に広がると思います、それでも何もしませんか?


社会では、地道な努力をしてない人を誰も助けてくれませんよ?


過去の苦い経験や苦労、辛かったことなど、あれもこれも全て全部


自分に返ってくるんですよ、それを価値に変換すれば


悩んでいる人、困っている人を救えるかもしれないですよ?


最後に、これからの時代は変化のスピードが本当に早くなると思います


その変化に柔軟に対応できない人は下手したら本当に人生ハードモードになると思いますので


できれば毎日、知識を得る、発信するなど少しずつでもいいので本当にやり続けましょう


考えてばかりいても実際にやってみなければ、何もわからないです


人生とは頭で考えたり文句を言ったりして変わるようなものではないですよ


成果の出し方なんて決まってるんですから、それを


今すぐにやりましょう、やり続けましょうという話でした

落ちこぼれの中卒フリーターとトップアイドルとの出会い4章 Part3

f:id:teihenjyuku:20210227124028j:plain


優也はそのままふてくされた態度で自分の通う中高一貫校へ向かう


優也「あ〜くだらねえ〜宇宙人とか地球に侵略して来ないのかよ…」


ここで俺、田村優也の過去について少し話しておきたい


まず田村というのは、俺の母親の旧姓だ、4年前までは


小林という姓だったが、親が離婚した、ため名前が変わった


今、俺が通ってる学校は進学校でもなんでもなく上位校の中学受験に失敗した奴らが集まる


滑り止め校だ、第1志望は、開正学院を受験したが不合格


第2志望も第3志望も落ち、結局、通いたくもない


この学校に通っているわけだ…本当に世の中くだらねぇよ…


その頃、コンビニで立ち読みをしていた飛鳥は


飛鳥「ウウゥマジ最高だよ気滅の刀は、よし決めた!


私は今日から真面目に生きる!この鬼滅の刀の
主人公のように真っ直ぐな人間になるんだ!」


レモンティーとポテトチップスサラダ味を買って店を出る飛鳥


店員「ありがとうございました!」


ここで私、小野飛鳥の過去について少し話しておこう


私は今や日本を代表する女優、白岩麻衣美の一人娘だ


母は今はもう解散してしまったが、桜坂47のセンターを務め


握手会の人数、写真集の売上数などアイドル界では


驚異的となる数字をたたき出し、その記録は今現在も誰にもやぶられていない


アイドルを引退した後は女優となり、女優になって


38歳のとき同じ俳優、兼ミュージシャンの小野聖太(私の父)と結婚した


私は今は、インターナショナルスクールに通っているが


適当に卒業し適当に行ける大学に行って適当に卒業して、その後は何も考えていない


芸能界にも興味はない、どうせ白岩麻衣美の娘だから


デビューできて活躍できてるんだろ!!と言われるに決まっている


それがおそらく一生続くんだ、考えただけでも恐ろしい…


私はもうアニメさえ見れればそれでいいと最近ずっと思っている


もう自分の人生なんてあきらめた…


何もやる気が起きない無気力なこの2人は、このあと変わっていけるのだろうか…


それともこのまま無駄に人生を過ごしてしまうのか


Part4へ続く

偏差値50台の高校はどのくらい基礎を完璧に仕上げたかで合否が決まるという話

f:id:teihenjyuku:20210226123109p:plain


各都道府県の公立の高校に限定すればそこまで相違はないと思います


また偏差値60よりの50台と偏差値50よりの50台では、また違ってくるかと思いますけど


偏差値50台という枠ならばどのくらい基礎を完璧に仕上げたかで


合否が決まると言ってもいいと個人的には思います


偏差値60台なるとそれ以外の部分もできなければ、難しいのかもしれないですけど


それと、基礎といってもどこからどこまでが基礎なのか


少しあいまいな部分もありますし、人によっても違うでしょうから


一概(いちがい)にここからここまでとは言えないと思いますけど


例えば、数学なら公式を覚えて、簡単な1次関数の問題、証明問題が解けるなど


理科なら電圧、電流、抵抗に関する基本的な計算問題ができる


他にも火山の分野に関して、火山岩、深成岩、等粒状組織、はん状組織など


しっかりと頭に入ってるなど


社会ならば、歴史の最初の方で習う、世界四大文明


江戸の三大改革、享保の改革、寛政の改革、天保の改革など


公民ならば、社会保障制度の主に4つ


社会保険、社会福祉、公的扶助、公衆衛生など


全ては書ききれませんけど、こういった基本的な内容が


しっかりと頭に入っていて、答えられるレベルであるならば


偏差値50台の高校には普通に進学できると思いますけどね


実際に偏差値50台の高校に合格した人でも


世界四大文明、江戸の三大改革、社会保障制度などを


全て完璧に答えられない受験生でも合格した人は
それなりにいると思います


ですので、基礎を完璧に仕上げればその人たちよりも


高い点数がとれるので、勉強が苦手な人は、基礎を完璧に仕上げられるように


勉強を頑張り続ければ、誰でも偏差値50台の高校には


合格できますという全然、難しくもなんともない話です


勉強方法に関しても、基礎レベルの範囲を鬼反復すればいいだけですし


それをやれば、大抵の人は嫌でも覚えますので、今現在、勉強苦手で


悩んでいる小学生、中学生は、ぜひやってみたらどうでしょうか?


必ずいい結果が出ますので、頑張ってください、応援しています

日本で初めて全盲で司法試験に合格し努力をすることの見本のような人の話

f:id:teihenjyuku:20210225123707j:plain


自分の大好きなNHKの番組で逆転人生という、すばらしい番組があるのですが


そこに、この方が出演していまして、今現在も京都ですかね?


現役で弁護士をされているみたいですけど、主に弱い立場の人を


守るということをやられているみたいで、とにかく熱量がすごくて


すごいアグレッシブな方なんですよ


過去に行政裁判などで、ほとんど勝訴なんてないという裁判でも勝ったり


日本最大勢力と言われている、某暴力団組織の組長に対しても


ものおじせず、戦ったりするなど、世の中すごい人もいるんだなと


衝撃を受けると同時に感心してしまいました


しかもこのとき、事務所に連行されたのかわかりませんけど


頭に拳銃を突きつけられたと本人は笑いながら話してましたけど


申し訳ないですけど、1ミリも笑えなかったですね・・・


弁護士になった後の努力も、とてつもない努力なんですけど


やっぱり弁護士になる前の司法試験への挑戦、ここから本当に多くのことを学べると思いました


今の司法試験ではなくて旧司法試験ですけど、司法試験に関しては全く知識がないので


語りようがないのですけど、旧司法試験の方が難しいみたいなことは、聞いたことがあります


そもそも司法試験自体が日本の三大難関国家資格のうちのひとつですよね


ただでさえ難しいのに、目が不自由なわけですので


普通に解くよりも何倍も難しいんでしょうね…


そして、試験の方ですけど、9回目で受かったみたいですけど


普通はそこまでやり抜かないですよね…


自分だったらやっぱり無理なんだな…となってしまいますけど


この方は見事に日本で初めて全盲で司法試験に合格した


という、栄光を手に入れたわけですけど、この優秀な方から学べることはやっぱりあきらめず


努力をし続けることによって自分が目指している所までいけて


成果を手に入れることができる、ということですね


それを実際に行動で示してくれたわけですので、少しの努力しかしていないのに成果が出ないと


なげいているのではなく、この優秀な方のように


あきらめずに努力をし続けることが重要ということです


本当に世の中、辛いことや苦しいことは、たくさんありますけど


このすばらしく優秀な方のように努力をし続けることを絶えず、やり続けましょうという話です

少しプログラミングをかじっただけで、大手IT関連企業に転職できるのか?

f:id:teihenjyuku:20210224123312p:plain


実際に未経験からIT関連企業に務めたことがある
自分の立場から語らせてもらいますし


この記事がこれから未経験でIT関連企業へ転職を希望している


方々に何かしら参考になりましたらとても嬉しく思います


まずIT関連企業未経験、ITの資格もない、少しプログラミングをかじったことがあるレベルの人が


IT関連企業に転職できるのかと言いますと、少し厳しい言い方になりますけど


大手IT関連企業への正社員としての転職は99%無理でしょうね


残りの1%の方は難関大学でしかも理系だったり、そこまで


ではなくても、プログラミングを独学で学び面接のときに


実際に自分でスマホのアプリを作ったものを成果物としてアピールできたり


即戦力でなくても、短期間で会社に利益を生んでくれる人材だなと


判断されたならば、大手IT関連企業に正社員として採用される可能性はあると思います


あとは人としての部分や年齢に関しては、どこの職種でも基本、一緒だと思います


けどIT関連企業に関しては、他の職種に比べればそこまで厳しくないと思いますけどね


ようはその人に何ができるか、なのでそれができるのであれば、採用はされると思います


実際に当時50代のエンジニアの方で大手IT関連企業に


転職できた人を何人か知ってますので、でもその方々はITの資格をいくつか持っていたり


即戦力になる人でしたけどね、ですので、タイトルにもある通り少し


プログラミングをかじっただけで大手IT関連企業に転職できるのか?


の問いですけど、結論としましては大手IT関連企業へは99%無理だと思います


転職できるのは、極一部の方たちだけです


というのが結論ですけど、スキルアップをし、最終的には


大手IT関連企業へ転職することは十分可能だと思いますし


実際に転職できた方々はそれなりにいますので、狭き門だとは思いますけど


そこへ向けて地道に頑張り続ければいいのではないでしょうか


頑張り続ければ必ず道は開けると思いますので


大変なことや辛いこと逃げ出したくなることはあるかと思いますけど


あきらめずに頑張り続けてください、応援しています

純烈、小田井涼平さんとLiLiCoさんから学べる大人の夫婦のあり方

f:id:teihenjyuku:20210223125001j:plain


世の中にはいろんな夫婦の形があると思います、理想と言ったら家族が毎日笑顔で病気もなく


日々を過ごしていけるのであれば、それが理想なのかもしれないです


しかし、人生もそうですし人間関係全般に言えることかと思いますけど


誰もが、もめずに何事もなく、仲むつまじく過ごせるものでもないかと思います


どうしても合わない人間もいますし、同じ空間に長くいると


どうしても細かいことが気になってしまい、イライラする回数も増えてくるかと思います


そうした中でも純烈、小田井さんとLiLiCoさんの大人の夫婦のあり方は


現代を生きる上ではとても参考になるのではないかと思いましたので書いてみました


その前に少し話がずれますけど純烈、小田井さんって


声優もされてたんですよね、しかもガンダムファンの方は


知ってる方もいるのかもしれないですけど、知らない方は自分のようにびっくりするのかなと…


ガンダムSEEDに出てくるカラミティガンダムのパイロット


オルガ・サブナックの役をやられていたんですよ
とても意外だなと思いおどろきました


話を元に戻しますと純烈、小田井さんとLiLiCoさんの夫婦って


見ていると何か親友同士というか、なんでもお互い、言いたいことを言える仲という感じがします


一般的な夫婦の形って男性がいて女性がいて、そしてそこに子どもがいて


お父さん、お母さんの役割は基本決まっているみたいな形だと思うのですけど


これからの夫婦の形はいろんなタイプの形が増えてくると思いますし


お互いがそれでいいと思うのであれば別にいいと思うんですけよね


とくに強制されるものでもないわけですし…


例えば、お互い一緒に住むけど籍を入れないとか、籍は入れるけど名字は変えないとか


その他にも同性愛者の方どうしの結婚も普通になってくるでしょうし


多様性を受け入れながら結婚観や夫婦観などもそれと同時に


多様な形へと変わっていく時代になっていくんだろうなと


純烈、小田井さんとLiLiCoさんの夫婦を見てそう思いましたね


お互いがお互いを認めていて、夫婦というよりも人生においてのパートナー


という感じに見えて、そういう結婚生活も悪くないですし


むしろ、ありなのかな、と思いました、という話でした

犬や猫の殺処分ゼロを目指し寄付金2,800万円を集めたのに・・・な話

f:id:teihenjyuku:20210222122725j:plain


今日は2月22日なので、猫の日です


猫を飼っている人は今日は奮発して美味しい餌を愛猫にあげる人もいるのかもしれないですね


猫という生き物は、人間に癒やしを与えてくれる宝物ですので


飼われている方は、いつまでも大事に大切に飼ってほしいと心からお願いしたいです


ここから本題に入りますけど、最初に書いておきますが


世の中には本当に動物が大好きで人によっては自分の子どもよりも


飼っている動物に愛情を注いでいる方もいらっしゃるかと思います


その方たちがこの記事を読んで気分を害したり、人によっては


気分が悪くなったりする恐れもありますのでそういった方は見ない方がいいかもしれないです


まず犬や猫の殺処分をゼロにするという名目で約2,800万円ぐらいある市が集めたらしいです


それは当然一匹でも多くの命が救われるならばと寄付をした方たちは思っていたと思います


しかし、それが殺処分を減らすということには使われずに


市の自動車保険や火災保険の支払いのために多くの寄付金が使われていたらしいです


とんでもないことですよね…


当然、市の方には苦情が殺到し説明をする場が設けられたのですが


そこでとんでもなく、杜撰(ずさん)なことがおなわれていたんですね…本当にあきれました…


まず猫の避妊の手術をした件数は何とわずかに8匹だったんですね


2,800万円ぐらいの寄付金が集まったのにたったの8匹ですよ…


その他にも麻酔代が18万円ぐらいかかったとか、3人の獣医師が手術をしたらしいのですが


3人とも手術経験はなかったらしいです


何か大学で研修みたいなことはしたらしいのですが


そもそもこの方たちは本当に獣医師なんですかね?


ここまで杜撰(ずさん)だとそれすらも怪しいです…


そもそもこれって、詐欺じゃないんでしょうかね?


犬や猫の殺処分を減らすという名目で寄付金を募ったのに違った用途(ようと)(意味、使い道)


に使ってるわけですし…民間でこんなことをやったら


確実に業務停止命令をくらい、その病院は潰れるでしょうね


業務停止命令が出た動物病院なんて誰も行かないですし、行くわけがないです…


この件が原因で今まで寄付をしていた方たちはこんなことがあるならもう


寄付をするのはやめようかな…となってしまっても不思議ではないかと思います


この方たちがやってしまったことは謝罪だけでは済ませられない


大事(おおごと)のことですし、二度とこんなことがないようしっかりとしてもらいたいです

攻め続けることをやめない世界のセガから学べること Part2

f:id:teihenjyuku:20210221122435j:plain


バーチャファイター、ぷよぷよ、サカつく、プリクラ、ムシキングなど


多くの大ヒット商品を生み出し、今や世界中で知られる企業になった世界のセガですけど


では常に大ヒット商品を生み出し続けてこれたのか?何をやるにもうまくいったのか?


そんなわけないですね、そもそも大ヒット商品や、ヒット商品を


常に生み出し続けることができる企業なんてどこにもないです


今や時価総額世界一のアップルだって始まりは車庫ですからね


普通に考えて車庫から世界一の企業が誕生するってものすごいことですし


そこはアメリカ人の凄さというか、でも日本人でも当時は


負けないくらいの凄い人っていたと思うんですよね


今もいると思います、しかし、アメリカと違って
日本ってやっぱりベンチャー企業が生まれにくい


育ちにくい、環境になってるのは否めないと思います


今現在も安定を求め人と違ったことは極力してはダメ、失敗したらどうする?


笑われたくない、恥をかきたくない、悪口や文句を言われたくないという風潮ですよね…


話がそれましたけど、いろんな失敗を繰り返し、世間には


全く受け入れてもらえなかったゲーム機なども世に出し続け


あきらめずにチャレンジしてきたからこそセガは、世界的な企業になれたんです


それは、セガだけではなく、前述しましたアップルもそうですし


ホンダ、ソニー、日清食品、ユニクロだってそうですよね


昔のユニクロって着てるのが恥ずかしいから、タグを全部切って


どこのメーカーかわからないように着てた人もいるんですよ


こういった話が実際にあったらしいんですけど、ユニクロの店内で買い物していたお客さんが


レジに商品を持ってきて、こう言ったらしいんですね


お客さん「ユニクロのタグは恥ずかしいから全部切って!!」と


後日、社長の柳井さんはユニクロで働いている全従業員に


お客さんにそう言われたら全部切ってあげるようにと


指示したらしいです、でもこれってものすごい屈辱ですよね


その話を聞いたとき柳井さんは悔しくて泣いたと思いますよ


泣いたレベルではないでしょうね…自分が0からつくってきた


ユニクロというものが、全否定されたわけですからね…辛かったと思いますよ…


まとめますと企業でも人でも一緒で人生、本当に失敗だらけです


嫌になりますよ…本当にやってられないです…


けど、そこで辛いとか苦しいから嫌だとかって言ってあきらめ逃げ出してしまったら


成長もないですし、そこからの飛躍もないわけですよ


なので何事もあきらめずにチャレンジするということをし続け


たった一度限りの人生を謳歌(おうか)しましょうという話です

攻め続けることをやめない世界のセガから学べること Part1

f:id:teihenjyuku:20210220124217p:plain


セガの家庭用ゲーム機で知ってるのは


メガドライブ、ゲームギア、セガサターン、ドリームキャスト


ぐらいで自分は全部持ってなかったというか


ファミコン、スーパーファミコン、プレイステーション


などを持っていて、あとはカセットなどでゲームをして遊んでいました


むしろそういった人たちの方が多いのではないでしょうかね?


ファミコン、スーパーファミコン、プレイステーションなどを持っていなくて


逆にセガのゲーム機だけを持っている人の方がむしろ少なかったのではないでしょうか?


お金持ちの人はもしかしたら全部持っていたかもしれないですけど


正直、セガのゲーム自体はあまり知らないんですよね


バーチャファイター、ぷよぷよ、サッカー好きな人は


サカつく(プロサッカークラブをつくろう!)


などのゲームにはまった人もいて、今現在も楽しんでいる人は、いるのかもしれないですね


セガで大ヒットといえば代表的なのがやっぱり、プリクラになるんですかね?


ムシキングも大ヒットしたみたいですけど、自分はその時は


社会人だったので、よくわかんないんですよね…


けど当時の子どもたち、とくに男の子は熱中して遊んでたんだろうなという


雰囲気は伝わっていました、男の子はゲームの中だけではなくて実際に


本当の虫を捕まえてきて戦わせてたりとかもしてたんでしょうね、カブトムシとかクワガタなどを


しかし、子どもは楽しいでしょうけど、とくにお母さんからしてみたら


あまり嬉しくないというか、子どもが喜んで楽しむのは嬉しいかもしれないですけど


あまり虫が好きという女性は聞いたことがないですし


カブトムシって飛んだりするんですよ、その光景を見たときにお母さんは悲鳴をあげるでしょうし


たまに夜、ケージから逃げだしたカブトムシなどをゴキブリと間違えた方も


もしかしたらいるのかもしれないですね…


Part2ではあきらめずに挑戦し続けることの重要性などを


書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします